最新記事

人権問題

タイで行方不明のベトナム人権活動家、ハノイの刑務所に収監確認 両国治安当局が連携し拉致?

2019年3月22日(金)19時15分
大塚智彦(PanAsiaNews)

第三国での拉致に警戒感

ナット氏は反政府活動の罪で2013年5月にベトナム当局に逮捕され、その後2014〜15年にかけて2年間服役した経歴がある。こうした過去の経験から今回も「逮捕の恐れ」を感じてタイに出国、難民申請を行ったとみられているが、共産党一党支配が続くベトナムでの人権侵害の状況や政治犯の実情を国際社会に発信されることを危惧した治安当局によって「口封じ」のために拉致された可能性が高い。

ベトナムでは現在少なくとも200人以上の政治犯が国家の安全を脅かしたなどの容疑、罪で身柄拘束、逮捕、服役していると人権団体などは明らかにしている。

RFAは今回のナット氏の拉致事件を米国務省や複数の米議会議員に伝えており、米政府によるなんらかのアクションを期待している。それと同時にタイ政府に対しても拉致事件の真相解明に向けた協力と事件への関与などの説明を求めている。

ナット氏が第三国であるタイで、それも直接的にはタイ警察によって身柄を拘束されベトナム治安当局者に引き渡された今回の事件は、治安当局の手を逃れてタイで活動を続けている他のベトナム人活動家に「いつ自分にも治安当局の手が及ぶかもしれない」という不安を与えている。

国際的人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」のアジア担当のバンコク支部副代表であるフィル・ロバートソン氏は「ベトナム当局者によるナット氏拉致にタイ官憲が関与していたとしたら、タイの責任問題になる。人権や民主化に関連したベトナム人のイベントを中止するようタイ政府に対し要求するなど、ベトナム政府は東南アジア諸国連合(ASEAN)で最悪の人権侵害政府だ」とRFAに語った。

タイ政府は24日に迫った総選挙で手一杯の状況であり、タイ政府やASEANが人権問題に正面から向き合うにはなお時間がかかりそうな情勢である。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 9

    インドネシア首都移転を大統領が正式表明 反響が薄…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月