最新記事

ベネズエラ危機

ベネズエラ避難民が語る絶望と希望

Crisis of Confidence

2019年3月15日(金)17時20分
アナ・カリナ・パラシオ(ベネズエラ避難民)

ブラジルの難民支援センターに到着したベネズエラからの難民 Bruno Kelly-REUTERS

<崩壊の危機に瀕したベネズエラから子連れで逃れた女性が明かす、救いのない日々の暮らしと、持ち続けるかすかな夢>

ベネズエラの危機は深まっている。ハイパーインフレ、飢餓、犯罪、病気の蔓延、そして死を逃れるため、何百万もの人々が国外に脱出している。

アナ・カリナ・パラシオも昨年、避難民になった。夫を事故で亡くしたため、妊娠中の身でありながら、幼い息子と逃げ出した。彼女は通行許可証を手に入れ、コロンビアに合法的に入国して国連機関の国際移住機関(IMO)に助けを求めた。

パラシオは現在、国境近くのビジャ・デル・ロサリオにある仮設の救援センターに滞在し、住居と仕事、そして2歳の息子と生後6カ月の娘の子守りを探している。本誌ジェシカ・クウォンのインタビューに応えて、彼女はコロンビアからスカイプ経由で自らの物語を語ってくれた。

***


今回ベネズエラからコロンビアに向かうまで、私は国外に出たことがなかった。それどころか、故郷アラグア州のマラカイの町を離れたこともない。離れたくなかったが、そうしなければならなかった。

ネイルや眉を整える美容の仕事を独立してやっていたが、仕事はなくなった。みんな同じだった。生きるための食料確保が人々の一番の問題になったから。

朝起きると、すぐ食料配給の列に並んだ。肉がないので3食とも野菜。毎日、並んで野菜を手に入れていたが、量は徐々に少なくなり、やがてなくなった。

息子は弱っていったが、医者は薬がないから診てくれない。高い金を払えば別だが、私にはそんな余裕がない。ベネズエラでは生きていけないので、息子とおなかにいる子と共に国を出ることにした。

道中はつらかった。コロンビアが受け入れてくれるかどうか分からないので、私はバスの中でパニック発作を起こした。通行許可証は持っていたが、怖くて死にそうな気分だった。

しかし、幸運にも無事に入国できた。「やった」という思いの半面、不安になった。女1人でやり遂げたことはうれしいけれど、コロンビアに知人はおらず、悪意から近づいてくる人間にどう対処していいか分からなかった。

そこへ救い主が現われた。ある心理学者が、私がコロンビアに落ち着くまで援助すると申し出てくれたのだ。私は着の身着のままで逃げてきた。難民のための一時的な救援センターに滞在しているが、素晴らしい場所で不安はない。食べ物は十分にあるし、職員は手厚く面倒を見てくれる。

最後の夢は子供に託す

もっとも、歓迎してくれる人もいれば、そうでない人もいる。「これを食べて。あとは何が必要?」と手を差し伸べてくれる人もいれば、「難民受け入れには反対だ。ベネズエラ人なんて要らない」と言う人もいる。

ベネズエラの故ウゴ・チャベス前大統領時代の私は若くて勉強に一生懸命で、政治には興味がなかった。次のニコラス・マドゥロ大統領は多くの理由から支持しなかった。仕事はないし、食べ物を得るために来る日も来る日も列に並んでいたのだから。

ニュース速報

ワールド

新型肺炎、中国の死者132人に増加 感染者5974

ビジネス

正午のドルは109円前半、株高でも円安は限定的

ビジネス

前場の日経平均は反発、米国株高と円安を好感 上値は

ワールド

豪政府、中国・湖北省から一部自国民退避へ 孤島で検

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪誘致

  • 2

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 3

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 5

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 6

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 7

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 8

    新型コロナウイルス、感染状況まとめ

  • 9

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 10

    日本製品の次は中国人観光客ボイコット? 韓国、中国…

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 5

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

  • 8

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月