最新記事

ビデオゲーム

往年のビデオゲームは保存すべき文化遺産

The Arcade Vanishes

2019年3月2日(土)17時00分
モ・モズチ

古い機器でしか遊べないプログラムを移し、今によみがえらせる運動も Hype Photography-Stone/GETTY IMAGES

<文学や映画にも大きな影響を与えてきたが、その保存活動に著作権が立ちはだかる>

多くの人が楽しんできたビデオゲームの歴史を生きたまま残すことは、相当に困難だ。昔のビデオゲームは、今や過去の遺物となったゲーム機や旧型パソコンで動かすように作られている。アップルⅡ向けの『ウルティマ』(81年)しかり、家庭用ゲーム機の先駆け、オデッセイ向けの『シューティング・ギャラリー』(73年)しかり、ジョイスティックで操作するという当時は画期的なアーケードゲームだったSNKの『怒』(86年)しかり......。

今日の巨大ゲーム産業の礎となったこれら古いゲームの保存をこれまで担ってきたのは、ゲーム史の研究家に年季の入ったゲーマー、オタク、それに海賊版業者といったさまざまな人々だ。一般的な手法は、ゲームカートリッジやアーケードゲーム機のマザーボードなどからプログラムを吸い出し、現行のパソコンで動くように書き直すというもの。こうした保存活動は時としてライセンス権や著作権、所有権に抵触してしまう。

昨年、保存活動は大きな逆風に遭った。こうしたゲームのROMデータを配布していた複数のウェブサイトを任天堂が著作権法違反で訴え、勝訴したのだ。訴えられた配布サイトは閉鎖された。

米著作権局は昨年10月、研究機関などによる合法的な保存活動におけるROM使用を認める法改正を行った。それでも、任天堂に訴えられたような営利目的のサイトは対象外だ。

だが、記録を残すことだけがゲームの保存活動ではないと、米ビデオゲーム歴史財団の創設者兼理事長を務めるフランク・シファルディは言う。古いゲームを保存することは未来の世代を教育し、新たな作品作りへの刺激を与えることにつながるというのだ。

任天堂に訴えられたのはいわば海賊版サイトだが、事実上の「過去ゲームの資料庫」として機能していたとシファルディは言う。「私が残念だと思うのは、保存の問題ではなくアクセスの問題だ。一企業が、公開された資料庫を閉鎖に追い込むことができるなどひどい話だ。収蔵コンテンツの99%はその企業と無関係なのに、それも使えなくなってしまった」

保存活動が新たなムーブメントを引き起こした例をシファルディは知っている。05年に彼がサイトでセガのミニゲーム『デザート・バス』のROMを公開したところ、ある劇団が触発されて即興劇を制作。上演は年に一度、病気の子供たちのための募金イベントとして行われ、07年から10年以上も続いている。

古いゲームを手に入れるには、時間も手間も金もかかる。シファルディによれば古くて貴重な電子回路基板には700ドル以上の値が付く。彼が最近収集しているのはSNKの80年代のアーケードゲームだが、たった一つのゲームを探し出して試すために、彼はパスポートを持って飛行機に乗り、おまけに2時間も電車に揺られて日本の田舎まで赴かなければならなかった。

ニュース速報

ビジネス

政府系ファンド、第3四半期に株式への投資加速=調査

ビジネス

シンガポールGDP改定値、前年比+0.5% 景気後

ワールド

訂正:香港人権法案、米下院が可決 大統領に送付

ワールド

英労働党が政権公約公表へ、富裕層との対決姿勢盛り込

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月