最新記事

一帯一路

習近平、フランス訪問で約5兆円規模の商談成立 マクロンは「一帯一路」をけん制

2019年3月26日(火)11時11分

フランスと中国は、習近平国家主席(右)のフランス訪問に合わせ、総額約400億ユーロ(5兆円)の商談をまとめた。写真左はマクロン仏大統領。パリで撮影(2019年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

フランスと中国は25日、習近平国家主席のフランス訪問に合わせ、総額約400億ユーロ(約5兆円)の商談をまとめた。マクロン仏大統領は一方で、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」をけん制する立場を示した。

今回まとまった15件の商談には、欧州航空機大手エアバスの航空機300機を購入する推定300億ユーロの契約が含まれた。他には、再生可能エネルギーや海運、銀行部門で契約が締結された。マクロン氏によると、中国側はフランス産鶏肉の輸入解禁に合意した。

マクロン大統領は貿易やハイテク産業で存在感を強める中国に対抗するため、欧州の結束を促す考えも示した。習主席との共同会見でマクロン氏は「欧州は結束し、首尾一貫したメッセージを発するべきだ。われわれは戦略的投資でそれを実行している」と述べた。

マクロン氏はこの日の習主席との会談に続き、26日にはドイツのメルケル首相、ユンケル欧州委員長を交えた習氏との4者会談を主催する。

習主席がフランスに先立ち訪問したイタリアは、主要7カ国(G7)のメンバーとしては初めて「一帯一路」への支持を表明している。

一帯一路構想は、かつてのシルクロードに沿ってインフラを通して中国と東南・中央アジア、中東、欧州、アフリカを海と陸で結ぶ経済圏を作る計画だ。

マクロン大統領は、欧州の企業は中国市場へのアクセス改善や一段と信頼の置ける中国の取引所、事業環境の具体的な改善、公正な競争を求めていると指摘。また、一帯一路は国際規範に合致する必要があると述べた。

習主席は24日付の仏フィガロ紙への寄稿で、フランスに一帯一路への協力を求める姿勢を鮮明にし、原子力や航空産業、農業といった分野での貿易と投資の拡大を呼び掛けた。

習氏は共同会見で「フランスと一段と強固で安定的、ダイナミックな国際的・戦略的パートナー関係を構築できるかどうかはわれわれの肩にかかっている」との認識を示した。「中国は自国の発展が諸外国に恩恵を与えることを望んでおり、一帯一路についても同様の考えだ」とした。

パリ中心部ではこの日、中国の少数民族の人権を巡る問題に抗議する数百人規模のデモが行われた。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文化破壊

  • 4

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 7

    「日本越え」韓国経済の落とし穴

  • 8

    韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 3

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 4

    これが米大企業のほとんどを所有し牛耳るビッグ・ス…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

  • 7

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    日本の通勤地獄が労働生産性を下げている? 経済損…

  • 10

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 1

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 7

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国コンビニも営業時間短縮、しかし日本とはかなり…

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月