最新記事

監督インタビュー

アカデミー賞作品賞『グリーンブック』のファレリー監督、「差別描写が手ぬるいなんて言わせない」

"Very Aware of the White Savior Trope"

2019年2月27日(水)15時45分
アンナ・メンタ

人種差別を背景に黒人と白人の旅路を描いて絶賛された『グリーンブック』 (c) 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

<コメディ映画で世界を下品な笑いの渦に巻き込んだピーター・ファレリー監督が、人種差別をめぐる格調高いドラマを生み出した>

映画『グリーンブック』の予告編には、ピーター・ファレリー監督の名前は出てこない。弟ボビーと共同監督した『ジム・キャリーはMr.ダマー』や『愛しのローズマリー』で世界を下品な笑いの渦に巻き込んだ彼が、人種差別をめぐる格調高いドラマを撮ったといっても、悪い冗談としか思えないからか。

主演は実力派のビゴ・モーテンセンと『ムーンライト』のオスカー俳優マハーシャラ・アリ。黒人ピアニストのドナルド・シャーリー(アリ)が粗野なイタリア系のトニー・リップ(モーテンセン)を運転手兼用心棒にして、差別が色濃く残る62年の米南部を巡業する(グリーンブックとは黒人が利用できる宿などを載せた旅行ガイドのこと)。

実話を基にしており、リップの息子ニック・バレロンガが共同で脚本を手掛けた。ゴールデングローブ賞で3冠、アカデミー賞でも作品賞含む5部門で候補になるなど注目を集めている(アカデミー賞作品賞、脚本賞など3部門受賞)。

ファレリーは勝手の違う脚本の執筆に苦心したようだ。「笑いを取りたくなるのを必死で我慢した」と、彼は語る。「だから撮影が始まるまで、ユーモラスな映画になるとは思っていなかった。笑いが生まれたのは、脂の乗った名優2人の息の合った演技のおかげだ」。ファレリーに、本誌アンナ・メンタが話を聞いた。

***


――初の本格ドラマに、『グリーンブック』を選んだ理由は?

ドラマは撮らないのかと聞かれるたび、「ぴんとくるものがあれば」と答えていた。3年ほど前、友人のブライアン・ヘイズ・カリーが執筆中の脚本について話してくれた。黒人のピアニストが人種差別的な白人を運転手に雇って南部を旅し、一生ものの友情で結ばれるんだという。「いい話だな! 一緒に脚本を書かせてよ」と飛び付いた。

――評論家の態度は変わった?

自分の評価がこんなに低いなんて知らなかった(笑)。お笑いは評論家から尊敬されないものだけど、別に褒められたくてこの世界に入ったわけじゃない。僕らの『メリーに首ったけ』は、アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI)の「アメリカ喜劇映画ベスト100」に選ばれている。なのに評論家は、僕が初めて映画を撮ったみたいに褒めるんだ。

――主演俳優を選んだ経緯は?

ジョン・ファブローの名前も挙がった。リップみたいにたくましくて、いい俳優だからね。でも『はじまりへの旅』を見て、モーテンセンがいいと思った。出てくれるわけがないとみんなが笑ったが、彼に手紙を書いた。ビゴ様、3ページだけでいいので脚本を読んでください。気に入らなければ諦めます、と。

2日後、やりたいが自信がないと返事が来た。だから「あなたは『イースタン・プロミシス』に出たんですよ。あれに比べればチョロいもんです」と返した。シャーリー役は、悩むまでもなくアリだった。

ニュース速報

ビジネス

米小売売上高、11月は0.2%増 予想下回る

ワールド

米中が「第一段階」通商合意、トランプ氏「15日の関

ビジネス

訂正:〔情報BOX〕ニューフレアTOBに東芝とHO

ビジネス

日銀、金融政策は現状維持の公算 短観が拡大シナリオ

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

  • 2

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 3

    麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気づかない!?

  • 4

    習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

  • 5

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 6

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

  • 7

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 8

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 9

    乗客が餓死する高原列車で行く、金正恩印「ブラック…

  • 10

    ウイグル人と民族的に近いトルコはなぜ中国のウイグ…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 4

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 5

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

  • 8

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 9

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 10

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月