最新記事

米移民

米移民収容施設で、ハンスト中の収容者を鼻チューブで虐待か

ICE Force-Feeding Immigrant Detainees on Hunger Strike with Nasal Tubes

2019年2月1日(金)14時30分
シャンタル・ダシルバ

長期に及ぶ収容への不満も大きい(写真はカリフォルニア州アデラントの移民収容施設) Lucy Nicholson-REUTERS

<職員による虐待や劣悪な環境に抗議するハンストが、全米の移民収容施設で多発するなか、人命救助という名の残虐な報復が待っていた>

米移民・関税執行局(ICE)の職員が、テキサス州の移民収容施設で1カ月前からハンガーストライキを続けている収容者に、しばしば苦痛を伴う経鼻管で強制的に食事を流し込んでいたことが、AP通信の報道で明らかになった。

取材に応じた収容者によると、インドとキューバからの移民少なくとも30人がハンストを継続中で、うち何人かは衰弱して立ち上がることや話すことも困難になっている。

施設職員から受けた言葉による虐待や強制送還の脅しに抗議してのハンストだという。移民認定の手続きの間、収容が長期に及んでいることも不満だ。

もっともICEによると、テキサス州エルパソのこの収容センターでハンストを行っているのは30人ではなく11人だけだが、そのうち何人かは30日間以上ハンストを続けている。

鼻血や嘔吐の症状も

鼻から喉の奥までチューブを通すのは苦しいため、経鼻管は拷問やハンストを止めさせる手段としても使われる。だがICEのレティシア・ザマリパ広報官は、エルパソ収容センターの少なくとも6人については、連邦裁判所から経鼻管による栄養補給をする許可を得た、とAP通信に語っている。

<参考記事>イスラエルが考え出した新たな「拷問

インド・パンジャブ州出身の親族が2人、収容されているというアムリット・シンは、2人は経鼻管を強制されているため日常的に鼻血が出たり、一日に何度も嘔吐したりしている、とAP通信に語った。

「(収容者の2人は)体調が良くない。体が本当に弱って、話すこともできないし、入退院を繰り返している」と、シンは言う。「2人は、なぜいまだに施設に入れられているかを知りたいし、早く移民法の適用を受けて市民権を得たいと望んでいる」

ICEのザマリパ広報官は、虐待を非難する収容者からの声にはコメントせず、エルパソ収容センターは連邦基準に則って収容者を扱っている、と語った。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(5

ビジネス

S&P5日ぶり反落、雇用統計控え利食い売り

ワールド

抗マラリア薬とコロナ患者死亡リスク巡る研究撤回、デ

ワールド

トランプ氏、選対顧問らと会合 景気低迷やデモが再選

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月