最新記事

米移民

米移民収容施設で、ハンスト中の収容者を鼻チューブで虐待か

ICE Force-Feeding Immigrant Detainees on Hunger Strike with Nasal Tubes

2019年2月1日(金)14時30分
シャンタル・ダシルバ

長期に及ぶ収容への不満も大きい(写真はカリフォルニア州アデラントの移民収容施設) Lucy Nicholson-REUTERS

<職員による虐待や劣悪な環境に抗議するハンストが、全米の移民収容施設で多発するなか、人命救助という名の残虐な報復が待っていた>

米移民・関税執行局(ICE)の職員が、テキサス州の移民収容施設で1カ月前からハンガーストライキを続けている収容者に、しばしば苦痛を伴う経鼻管で強制的に食事を流し込んでいたことが、AP通信の報道で明らかになった。

取材に応じた収容者によると、インドとキューバからの移民少なくとも30人がハンストを継続中で、うち何人かは衰弱して立ち上がることや話すことも困難になっている。

施設職員から受けた言葉による虐待や強制送還の脅しに抗議してのハンストだという。移民認定の手続きの間、収容が長期に及んでいることも不満だ。

もっともICEによると、テキサス州エルパソのこの収容センターでハンストを行っているのは30人ではなく11人だけだが、そのうち何人かは30日間以上ハンストを続けている。

鼻血や嘔吐の症状も

鼻から喉の奥までチューブを通すのは苦しいため、経鼻管は拷問やハンストを止めさせる手段としても使われる。だがICEのレティシア・ザマリパ広報官は、エルパソ収容センターの少なくとも6人については、連邦裁判所から経鼻管による栄養補給をする許可を得た、とAP通信に語っている。

<参考記事>イスラエルが考え出した新たな「拷問

インド・パンジャブ州出身の親族が2人、収容されているというアムリット・シンは、2人は経鼻管を強制されているため日常的に鼻血が出たり、一日に何度も嘔吐したりしている、とAP通信に語った。

「(収容者の2人は)体調が良くない。体が本当に弱って、話すこともできないし、入退院を繰り返している」と、シンは言う。「2人は、なぜいまだに施設に入れられているかを知りたいし、早く移民法の適用を受けて市民権を得たいと望んでいる」

ICEのザマリパ広報官は、虐待を非難する収容者からの声にはコメントせず、エルパソ収容センターは連邦基準に則って収容者を扱っている、と語った。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済にもマイナス 日韓関係の回復を強く望む

  • 2

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 3

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 4

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    日本人が知らない監視社会のプラス面──『幸福な監視…

  • 8

    韓国航空業界に再編の荒波 アシアナは投資ファンド…

  • 9

    トランプはなぜ極寒のグリーンランドが欲しいのか

  • 10

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    金正恩が韓国・文在寅政権を猛非難「朝鮮半島情勢緊…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月