最新記事

軍事衝突

カシミールの軍機撃墜でインド=パキスタン情勢が緊迫化 米中やEUが自制要請

2019年2月28日(木)12時40分

インドとパキスタンは、互いの戦闘機を撃墜したと発表し、パキスタンはインド軍のパイロットを拘束したと明らかにした。撃墜されたインド軍のヘリコプターの残骸。カシミール地方で撮影(2019年 ロイター/Danish Ismail)

インドとパキスタンは27日、互いの戦闘機を撃墜したと発表し、パキスタンはインド軍のパイロットを拘束したと明らかにした。前日にはインド軍の戦闘機がパキスタン領域内で1971年以来初めてとなる空爆を実施。米中や欧州連合(EU)が自制を求めている。

核保有国のインドとパキスタンは、ここ2日間で空爆を指示する一方、地上部隊も10カ所以上で交戦している。

両国が領有権を争うカシミール地方では今月14日、インド支配地域で同国の治安部隊を乗せたバスを狙った乗用車による自爆攻撃があり、同部隊の隊員少なくとも40人が死亡し、緊張が拡大した。攻撃後、パキスタンを拠点とするジェイシモハメドが犯行声明を出した。しかしその後、インドが過激派の訓練施設とする拠点を26日に空爆し、対立のリスクが一気に高まった。

インド政府高官筋は26日の空爆で過激派戦闘員300人が死亡したと述べたが、パキスタン側は死者はいないとしている。

米ホワイトハウスは対立激化を非難し、インドとパキスタンの双方に「緊張緩和に向けて直ちに対応するよう」呼び掛けた。

匿名の米国家安全保障会議(NSC)当局者は「両国、周辺国、国際社会にとって、さらなる軍事行動に関連する潜在的リスクは非常に高い」と述べた。

米国防総省は声明で、シャナハン国防長官代行が「両国へのさらなる軍事行動の回避要請と緊張緩和」に注力していると発表した。

アサド・マジード・カーン駐米パキスタン大使は記者団に対し、パキスタン政府は緊張緩和に向けて米トランプ政権の積極的な関与を望むと述べた。一方で、インドのパキスタン空爆を米国が非難していないことが「インドの立場への支持と解釈されており、これがインドの行動を助長させている」との見方を示した。

パキスタンのカーン首相はインドに対話を要請。テレビ演説で「歴史的にみて、戦争は誤った判断によって起こっている」と指摘した。「われわれが保有する武器を考慮すると、誤った判断を示す余裕はあるだろうか」とし、話し合うべきだと述べた。

インドでは数カ月後に総選挙が控えている。アナリストなどは、モディ首相による空爆指示決定は首相にとって政治的にプラスとなる可能性はあると指摘したが、野党は27日、首相が対立を利用していると批判した。

ポンペオ米国務長官は、インドとパキスタンの外相とそれぞれ個別に会談したとし、「自制してこれ以上の軍事行動を避けるよう」促したことを明らかにした。また、直接対話を優先するよう両外相に求めたと述べた。

ニュース速報

ワールド

米司法省「エール大学が人種差別」 アジア系や白人が

ワールド

焦点:ハリス氏は「強敵」、トランプ氏が手こずりそう

ワールド

銀行システムの安定性、全く懸念していない=豪中銀総

ワールド

焦点:途絶えた観光収入、パンデミックが脅かすマサイ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 3

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 6

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 9

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 6

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 7

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 8

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月