最新記事

ロシア

「ノビチョク事件」の風刺ゲームがロシアで完売 英国人の怒りを買う

2019年1月31日(木)17時30分
松丸さとみ

英国人の怒りを買っている「ノビチョク・アタック・ボードゲーム」Euronews-YouTube

<ロシアのおもちゃメーカーがこの事件を題材にしたボードゲームを製造し、英国人の怒りを買っている>

死者も出たノビチョク事件

昨年3月、英南部ソールズベリーで神経剤ノビチョクに触れ、かつてロシアと英国の二重スパイをしていたロシア人のセルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリアさんが意識不明の重体に陥った事件があった。その数カ月後には、同じくソールズベリーで英国人のドーン・スタージェスさんが誤ってノビチョクに触れて亡くなった。

ロシアのおもちゃメーカーがこの事件を題材にしたおもちゃを製造し、英国人の怒りを買っている。

おもちゃは「ソールズベリーにいる我が仲間たち」という名称で、英ガーディアン紙によるとロシアのモスクワにあるおもちゃメーカー、イグロランドが作ったものだ。昨年12月に5000個が発売されたが、すでに完売している。

カラフルなボードゲームで、ボードの片隅にはスパイらしき男性2人が描かれている。ガーディアンによるとこれは、ノビチョクを使ってスクリパリ親子を暗殺しようとしたとされているロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の職員アレクサンドル・ペトロフ容疑者とルスラン・ボシロフ容疑者を模したものだ。

また反対側の片隅には、毒薬を示すドクロマークが付いた香水のボトルも描かれている。実際の事件でノビチョクは香水のボトルに詰めて持ち運ばれたと考えられており、スタージェスさんの恋人がこのボトルを香水と勘違いしてスタージェスさんにプレゼントし、スタージェスさんは手首にかけて死亡した。

自国スパイが犯人と考えるのはロシアのわずか3%

ゲームは、プレーヤーが2人組になってモスクワを出発。ミンスク、テルアビブ、ジュネーブ、ロンドン、パリなどの都市を経てソールズベリーに到着すると「あがり」となる。これらの都市は、実際に容疑者2人がソールズベリーに到着する前に立ち寄ったとされている。ゴールのソールズベリーには、観光名所のソールズベリー大聖堂が描かれているほか、防護服を着た人物の写真が掲載されている。この写真は、昨年3月のスクリパリ親子暗殺未遂事件で英国の警察が現場で対応している時のものだという。

ノビチョク事件をめぐっては、英国側がロシア側のしわざとしてGRU職員の容疑者2人に逮捕状を出した。また、英国のみならず欧州や米国もロシア外交官などを国外へ追放する措置を取った。一方でロシア側は、一貫して関与を否定しており、英国の外交官をロシアから追放する報復措置を取った(昨年3月30日付ガーディアン)。さらに、容疑者2人もロシア政府所有の英語メディアRTのインタビューを受け、あの時ソールズベリーにいたのは「単に大聖堂へ観光に行っただけ」と容疑を完全否定している。

ガーディアンによると、昨年10月に独立系の調査機関がロシアで行なった世論調査では、ノビチョク事件がロシア人スパイの犯行だと信じているのはわずか3%だけだった。しかし欧米ではロシアの犯行と決めつけて報じられていることで、ロシア国内ではある意味、ノビチョク事件が「ジョーク」になっているのだという。昨年の年末にはRTが各通信社に対し、クリスマスの贈り物としてソールズベリー大聖堂のチョコレートを送ったほどだった。

ニュース速報

ビジネス

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサ

ビジネス

英中銀、回復への下向きリスクに強く対抗すべき=ハス

ビジネス

米長期金利上昇、インフレ懸念でなく回復期待を反映=

ワールド

米上院民主、失業給付加算縮小で合意 コロナ追加対策

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 2

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 3

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測される

  • 4

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 5

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 8

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 9

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 10

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月