最新記事

動物

【動画】井戸に落ちた子ゾウを救出せよ

Elephant Rescued From 40-Foot Well

2019年1月24日(木)13時40分
バイシュナビ・バイディアナタン

井戸から這い上がろうとする子ゾウ CGTNOfficial/TWITTER

<インド南部で畑の井戸に子ゾウが転落。森林レンジャーが4時間におよぶ救出作戦を展開した>

インドで深い井戸に落ちた4歳の子ゾウが発見され、森林レンジャーの奮闘の末、無事救出された。

南部のタミルナド州で21日、村人が畑にある井戸のほうからゾウの鳴き声がするのに気づいた。近づいてみると、井戸に落ちた子ゾウが溺れまいと必死でもがいていた。

驚いた村人はすぐに森林管理局に通報。森林レンジャーと消防・救急隊員、獣医、野生生物保護活動家らが現場に駆けつけた。4輪駆動のトラクターショベル1台も持ち込まれた。救出チームは井戸にロープを吊り下げて子ゾウの体に巻き付け、引き上げようとしたが、作業は難航し、4時間後にようやく助け出せた。


救出作戦を指揮した森林レンジャーのアユーブ・カーンによると、出動したのはレンジャー30人、消防・救急隊員5人、獣医2人。当初はロープで引き上げる計画だったが、うまく行かなかった。井戸に落ちてから発見されるまで数時間もがいていたらしく、ゾウは体力を消耗していた。

救出チームは井戸に金属のパイプを数本投げ入れ、ゾウをそれにつかまらせた。そしてトラクターショベルで井戸の側壁を壊し、土の傾斜路を造った。力尽きたゾウをロープで少し引きずり上げると、ゾウは気力を取り戻したのか、最後は自力で歩いて上がった。井戸から出るとすぐさま森に走り去ったと、地元紙タイムズ・オブ・インディアは伝えている。

「井戸の直径は4.5メートルで、水深も4.5メートルあったので、ゾウはどこにもぶつからず怪我せずにすんだのが幸いだった」と、カーンは語った。

川で溺れたゾウも

インドでは昨年3月にも北部のウッタラカンド州で、老いた野生のゾウが川で溺れ、森林管理局に救出された。川に設置された堰に打ちつけられ、動けなくなったゾウがいるとの通報を受け、森林レンジャーが現場に急行。河川管理局と連携して、水路への水の供給を一時的に止め、ガンジス川本流に向かう水門を開けて、ゾウをそちらに誘導した。

「流れが激しかったため、ゾウは(ヒマラヤ山脈の麓の都市)リシケシ近くの堰にぶつかって、身動きできなくなっていた。水位を下げるしか手がなかった。ゾウは流れにもまれて消耗しており、一刻の猶予もならなかった」と、森林レンジャーはBBCに話した。河川管理局の協力を得て、数分間だけ水位を下げて流れを調節、ゾウは無事にガンジス川の岸辺に上がり、森林レンジャーにエスコートされて森に帰った。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月