最新記事

アート

寄せ集めコラージュで「優等生国家」スイスの仮面を剥がす

The Heidi Chronicles

2019年1月22日(火)17時30分
メアリー・ケイ・シリング

『ザ・パック』スイスの旗の前に並ぶ3台のオートバイはバチカンとローマ法王を警護するスイス衛兵隊を象徴 (c)TOM SACHS, PHOTO BY GENEVIEVE HANSON, COURTESY TOM SACHS STUDIO AND VITO SCHNABEL GALLERY

<「ブリコラージュ」の鬼才トム・サックスがエスプリを利かせてスイスの実像をさらす展覧会を開催中>

ニューヨーク生まれのトム・サックスが初めてスイスを訪れたのは16歳か17歳のときだ。

「スイスの精密さと清潔さに、自然の美の広大さに、深い感銘を受けた。一方で、それは幻想でもある。自然は野蛮で暴力的で、死とカオスに支配されている。スイスでは自然の暴力性が人間によって緩和され、手を入れられ、洗練されている」

自然が明らかに崇拝されている一方で、世界の破壊を招くリスクをはらむ「素粒子物理学に、莫大な資源をつぎ込む国でもある」と、サックスは続ける。

コンセプチュアル・アーティストのサックスは30年以上にわたり、「世界をありのままに再現するのではなく、あるべき姿に再現するという欲望」に芸術をささげてきた。

彼の特徴であるブリコラージュという手法は、寄せ集めた素材に本来とは違う目的を与え、新しいものを再構築する。機知に富んだ解釈を施した精巧な作品には、消費主義や暴力、文化的アイコン、社会システムに向けた皮肉たっぷりのメッセージが込められている。

12年にニューヨークで開催した『スペースプログラム:火星』展は、NASAの宇宙探査プロジェクトを再現。管制センターのやりとりや、ベニヤ板で作った実物大の宇宙船操縦室での打ち上げ風景を実演した。宇宙飛行士役がゲーム機のジョイスティックを操縦しながら悪戦苦闘する姿を、観客は本物の打ち上げさながらに見守った。

最新の展覧会『ザ・パック』(スイス南東部サンモリッツのビト・シュナーベル・ギャラリーで2月3日まで開催中)は、スイスという理想化されたブランドや、『アルプスの少女ハイジ』などに代表されるイメージの矛盾を突く。

magc190122-swiss02.jpg

トム・サックスの精巧な作品は象徴的なアイコンがユーモラスなメッセージを語りだす Mario Sorrenti

永世中立国に究極の皮肉

世界最強の銀行を擁し、赤十字誕生の地にして永世中立国であり、人道主義の手本。まさに完璧な国、それがスイスなのか。あるいは腐敗した自己中心的な権力は、思われているほどの寛容を持ってはいないのだろうか。

「スイスをバッシングするのではなく、あらゆる面をまとめて理解しようとしている」とサックスは語る。だが作品は明らかに、貧困と不正義によって引き裂かれた世界において、ユートピアと思われているスイスの愚かさを揶揄している。

ニュース速報

ワールド

サウジとロシア、協調減産1カ月延長で合意 順守強化

ワールド

ドイツ、EU・シェンゲン圏・英との往来禁止を6月1

ワールド

プーチン氏、4日のワクチンサミットに出席せず=ロ大

ビジネス

日産の英工場、通商協定なきEU離脱なら維持不能=グ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月