最新記事

米中関係

米中間の火花に隠された大人の事情

US-CHINA RELATIONS SEE POTENTIAL THAW AND CRISIS

2018年12月4日(火)16時40分
ティモシー・ヒース(米ランド研究所国防問題担当上級研究員)

APECで習近平を見つめるペンス(11月17日) David Gray-REUTERS

<アメリカと中国はなぜにらみ合いを続けるのか......表層的な争いからは見えない構造問題>

貿易戦争に南シナ海の領有権問題と、米中の間ではもめ事が絶えない。先日行われた米中閣僚級による外交・安全保障対話で一旦は沈静化したかに見えるが、火種はいまだ消えていない。

11月30日からアルゼンチンで開催されるG20で、トランプ米大統領と中国の習近平(シー・チンピン)国家主席による首脳会談が予定されている。これに先立って11月9日にワシントンで行われたのが米中閣僚級による対話だ。アメリカ側はポンペオ国務長官とマティス国防長官、中国側は楊潔篪(ヤン・チエチー)政治局員(外交担当)と魏鳳和(ウエイ・フォンホー)国防相が、両国の関係修復を目指して一堂に会した。

こうした努力は歓迎されるべきだし、この対話で貿易戦争に伴う緊張が和らぐのでは、という期待が生まれたことは事実だ。しかし安心するのはまだ早い。ここでは、両国間に根を張るさまざまな問題、そしてそれによって増殖する「火種」について触れられることはなかった。

現在、中国国内ではアメリカの追加関税に対する怒りが増し、アメリカは中国の成長を封じ込めたいのだという批判が声高に叫ばれる。アメリカは中国政府による少数民族ウイグル人への弾圧など人権問題を批判し、中国メディアはそれを「偏見だ」と非難する。貿易についての話し合いは前進しても、根深い問題は未解決のままだ。

どうしてこんなことになってしまったのか? それは、両国とも敵対的な政策を取るのに戦略的かつ政治的な理由があるからだ。両国の関係は、「あちらを立てればこちらが立たず」という対立的構図に根差している。中国が世界のテクノロジー大国を目指せば、世界一の経済大国であるアメリカの地位が脅かされる。そのため、アメリカは妨害し、非難の応酬が始まる。

危機が勃発する確率は?

アメリカは、世界経済の中心となりつつあるアジアにおいて影響力を保持したい。しかし米政府のこうした戦略は、ユーラシア大陸で経済統合を主導しようという中国にとっては邪魔だ。

米高官たちは、中国が推し進める経済圏構想「一帯一路」政策を、中国の同盟国を困窮化させる「借金地獄外交」だと一蹴。他方で中国は、アメリカが提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」を批判し、この地域におけるアメリカの軍事同盟圏を終焉させようと、従来の国防政策を転換し、先制攻撃も辞さないものにしようとしている。

トランプと習が敵対的な態度を崩さないのには、国内的な理由もある。トランプが中国の脅威を強調することは、支持層を喜ばせると同時に「中道派」や浮動票にアピールするのにも役立つだろう。一方で中国国内では、改革の遅れや経済成長に失速が見込まれていることで、習政権に対する不満が募っている。習がアメリカに強硬な姿勢を取りたくなるのはうなずける。

ニュース速報

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

ビジネス

ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退=NY

ワールド

米、NYなど3空港でコロナウイルス検査 武漢からの

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 4

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 5

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子…

  • 9

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 10

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 7

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月