最新記事

クリスマス

トランプ、7歳の子供に向かって「まだサンタを信じてるの?」

Trump Asks Child, 7, If They Still Believe In Santa

2018年12月25日(火)19時00分
スコット・マクドナルド

サンタクロースの現在位置を知りたくて電話をかけてくる子供たちに答えるトランプ Jonathan Ernst-REUTERS

<国境の壁の予算は通らず、政府機関も一部閉鎖でツリーの灯も消えたワシントン。いじけたトランプが子供にまで八つ当たり?>

ドナルド・トランプ米大統領、クリスマスを祝うためにほぼ無人になったイブのホワイトハウスで、電話の向こうの子供にとんでもないアドバイスをした。

米オンライン誌、デイリー・ビーストによると、トランプはホワイトハウスに電話をかけてきた子供にこう言った。「それはよかった、楽しみなさい。君はまだサンタクロースを信じているのかい?」

この瞬間、トランプの周りで一斉にカメラのフラッシュが焚かれる音が動画から聞こえる。そしてトランプは言った。「だって、7歳ならぎりぎりの年頃だろう?」

12月24日、トランプは一日中ホワイトハウスに「独りぼっち」で寂しいと訴えていた。朝には「ホワイトハウスに独りぼっちだ(かわいそうな自分)、国境の安全について話し合うため民主党議員が戻ってくるのを待っている。民主党議員が取引を拒否し続ければ、メキシコとの国境に壁を作るより高い代償を払うことになる。狂っている!」とツイートした。

午後には、世界へ向けてこんなツイートをした。

「大統領執務室にいる。たった今、テキサス州にもう一区画、115マイル(約185キロ)分の壁の建設を発注したところだ。我々はすでにかなりの距離の建設または修繕をしており、一部は完成している。民主党は政府の一部閉鎖を終わらせ、(壁建設の)予算を認めるべきだ。そうすれば、数十億ドルの金と命が救われるんだ!」

トランプが本当に115マイル分の壁を発注したのか、あるいはその契約が本当に115マイル分もあったのか、確認できない。サンタクロースの悪い子リストだってそんなに長くはないだろう。また、トランプが「数十億ドルの金と命」と言ったとき、「数十億の命」を意味していたのかどうかも確認できない。

極めつけにこんな画像が飛び込んできた。大統領夫人のメラニア・トランプが、サンタの居場所を知るために電話してくる子供たちと話している。「サンタを追跡する全米の子供たちのお手伝いをするのは私の楽しみです。大統領と一緒にサンタ追跡サイトを楽しんでいます」


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月