最新記事

アメリカ政治

米中間選挙の民意を出口調査から読み解く

The GOP Is Losing the Middle

2018年11月17日(土)15時15分
ウィリアム・サレタン

有権者は何を重視して投票したか Michael Brochstein Images-LIghtrocket/GETTY IMAGES

<移民問題でトランプは票を掘り起こしたが、長期的に見れば中道派の共和党離れを招く>

選挙が終わると、人はパニックを起こし、あるいは月並みな総括をし、あるいは恣意的な解釈で自画自賛する。ドナルド・トランプ米大統領は自分のおかげで共和党の選挙戦は大成功だったと吹聴し、全米ライフル協会(NRA)は銃規制推進派をやっつけたと言い張る。左派は人種差別の拡大を懸念し、右派は巻き返しに成功したと自慢する。そして誰もが、この選挙結果は自分たちの主張の正しさを証明していると豪語する。

その言い分のどれが正しく、どれが間違いかを判別する材料がある。出口調査だ。エジソンリサーチ(米3大テレビネットワークおよびCNN)とNORC(AP通信とFOXニュース)の出口調査データを総合すれば、有権者が何を重視して投票したか、そして共和党の抱える真の問題は何かが分かる。

共和党の「戦犯」はトランプ

トランプは自分が共和党を救ったと言うが、それは違う。投票行動に「トランプは関係なし」と答えた人の間では共和党の楽勝だった。だが「関係あり」と答えた人で見ると、民主党候補に投票した人が共和党候補に投票した人よりも15~20ポイントほど多かった。

トランプの仕事ぶりや人柄に不満を抱く人の割合は全体の半数を超えており、強い悪感情を抱く人も45%前後いた。「トランプを応援するため」に投票したと答えた人は全体の25%で、「トランプに反対するため」に投票した人は37.5%だった。

経済以外の全ての面で不支持が支持を上回った。トランプは「不正直で信頼できない」が「正直で信頼できる」を26ポイントも上回り、大統領は「一般国民に関心なし」が「関心あり」を17ポイント上回った。気質的に大統領に「適していない」が「適している」を29ポイント上回り、過半数がトランプ政権は「前政権より倫理的に劣る」と答え、「前政権より倫理的」との回答は4分の1にすぎなかった。

トランプお得意の論点に関する評判も芳しくない。国境警備政策への賛否は五分五分で、過半数が強い指導者とは言えないと回答。治安は以前より悪化したとの回答(35%)が改善したとの回答(27%)を上回った。

キャバノー効果はなし

共和党の言う「キャバノーによる支持率押し上げ効果」は、実は人々の関心がトランプから一時的に離れたことによる揺り戻しだった。ブレット・キャバノーの最高裁判事指名については反対(47%)が賛成(43%)をやや上回った。キャバノー支持派だけで見れば共和党への票が断然多いが、反対派は圧倒的に民主党候補に投票していた。

全体の25%がキャバノー問題を重視しないと答え、その層では共和党が勝っていた。だが、ある程度重視した人の中では共和党は若干負けていた。半数近くがキャバノー問題を非常に重視し、そこでは共和党が民主党に13ポイントも水をあけられた。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月