最新記事

アメリカ政治

米中間選挙の民意を出口調査から読み解く

The GOP Is Losing the Middle

2018年11月17日(土)15時15分
ウィリアム・サレタン

有権者は何を重視して投票したか Michael Brochstein Images-LIghtrocket/GETTY IMAGES

<移民問題でトランプは票を掘り起こしたが、長期的に見れば中道派の共和党離れを招く>

選挙が終わると、人はパニックを起こし、あるいは月並みな総括をし、あるいは恣意的な解釈で自画自賛する。ドナルド・トランプ米大統領は自分のおかげで共和党の選挙戦は大成功だったと吹聴し、全米ライフル協会(NRA)は銃規制推進派をやっつけたと言い張る。左派は人種差別の拡大を懸念し、右派は巻き返しに成功したと自慢する。そして誰もが、この選挙結果は自分たちの主張の正しさを証明していると豪語する。

その言い分のどれが正しく、どれが間違いかを判別する材料がある。出口調査だ。エジソンリサーチ(米3大テレビネットワークおよびCNN)とNORC(AP通信とFOXニュース)の出口調査データを総合すれば、有権者が何を重視して投票したか、そして共和党の抱える真の問題は何かが分かる。

共和党の「戦犯」はトランプ

トランプは自分が共和党を救ったと言うが、それは違う。投票行動に「トランプは関係なし」と答えた人の間では共和党の楽勝だった。だが「関係あり」と答えた人で見ると、民主党候補に投票した人が共和党候補に投票した人よりも15~20ポイントほど多かった。

トランプの仕事ぶりや人柄に不満を抱く人の割合は全体の半数を超えており、強い悪感情を抱く人も45%前後いた。「トランプを応援するため」に投票したと答えた人は全体の25%で、「トランプに反対するため」に投票した人は37.5%だった。

経済以外の全ての面で不支持が支持を上回った。トランプは「不正直で信頼できない」が「正直で信頼できる」を26ポイントも上回り、大統領は「一般国民に関心なし」が「関心あり」を17ポイント上回った。気質的に大統領に「適していない」が「適している」を29ポイント上回り、過半数がトランプ政権は「前政権より倫理的に劣る」と答え、「前政権より倫理的」との回答は4分の1にすぎなかった。

トランプお得意の論点に関する評判も芳しくない。国境警備政策への賛否は五分五分で、過半数が強い指導者とは言えないと回答。治安は以前より悪化したとの回答(35%)が改善したとの回答(27%)を上回った。

キャバノー効果はなし

共和党の言う「キャバノーによる支持率押し上げ効果」は、実は人々の関心がトランプから一時的に離れたことによる揺り戻しだった。ブレット・キャバノーの最高裁判事指名については反対(47%)が賛成(43%)をやや上回った。キャバノー支持派だけで見れば共和党への票が断然多いが、反対派は圧倒的に民主党候補に投票していた。

全体の25%がキャバノー問題を重視しないと答え、その層では共和党が勝っていた。だが、ある程度重視した人の中では共和党は若干負けていた。半数近くがキャバノー問題を非常に重視し、そこでは共和党が民主党に13ポイントも水をあけられた。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月