最新記事

アメリカ政治

米中間選挙の民意を出口調査から読み解く

The GOP Is Losing the Middle

2018年11月17日(土)15時15分
ウィリアム・サレタン

#MeTooの風吹かず

民主党はセクハラ問題が追い風になるとみていたが、どうやら両刃の剣だったようだ。被害を受けた女性の訴えが信じてもらえないことを「憂慮」または「非常に憂慮」するとした人は78%だったが、訴えられた男性に弁解の機会が与えられないことを「憂慮」または「非常に憂慮」するとした人も74%いた。

そして女性に肩入れする人は民主党に傾き、男性に肩入れする人は共和党に投票する傾向があった。セクハラを「非常に深刻」な問題とみた人は46%で、その多くは民主党に投票した。「ある程度深刻」と回答した人は38%で、そのうち50%が共和党に、48%が民主党に投票した。

もうひとつ、注目すべきデータがある。「政治的に正しい」姿勢を要求する圧力の存在について、投票者の66%は度が過ぎると答えていた。その意味するところは不明だが、民主党はこうした反応を引き起こした原因を解明すべきだろう。

銃規制問題は共和党に不利

一般に、銃の所有者は銃規制の問題を投票の決め手にするが、規制強化を唱える人はあまりこの問題を投票の決め手と考えないとされる。しかし今年は様子が違った。回答者中、規制強化を支持した人は59%、反対した人は37%だった。投票の決め手となった課題の中に銃規制を挙げた人は10%だが、そのうち70%は民主党に投票した。

また妊娠中絶の問題を最優先課題に挙げた人の多くは共和党に票を投じたが、銃規制を最重要とした人は圧倒的に民主党に票を投じていた。

暴力問題の影響はわずか

選挙の前に反ユダヤ主義や反黒人、反移民のヘイトクライムが頻発したが、トランプの対応はお粗末だった。だが共和党は政府に抗議する若者を民主党の「暴徒」と攻撃し、共和党のダメージを減らしたようだ。

「共和党支持者は暴力を引き起こすようなやり方で政治について語る傾向があり、民主党支持者はそうではない」という見解に賛同する人はその逆と答えた人と同程度だったが、「最近の過激派の暴力」を投票の決め手とした人は23%で、その多くは民主党に投票した。だが回答者の半数は、暴力の問題は重要だが決め手ではないと考えており、その中では民主党支持が共和党支持を少し上回る程度だった。

不発に終わったロシア疑惑

16年にトランプの選挙運動にロシア政府が協力したかどうかについて、有権者の回党はほぼ半々に分かれた。48%はイエスと答え、49%はノーと答えた。

だが共和党の宣伝で、多くの人がロバート・ムラー特別検察官の捜査に不信感を抱くようになったらしい。ムラーの捜査手法に異を唱えた人は46%に上った。ムラーは選挙後にさらなる衝撃的な事実を明かすかもしれない。だが、選挙前に公表した情報が投票行動に有意な影響を与えたとは言えない。

ニュース速報

ワールド

新型コロナ、東京で新たに243人の感染確認 過去最

ワールド

香港警察、警官襲撃巡り7人逮捕 容疑者の逃走支援

ワールド

トランプタワー前に人種差別抗議のスローガン、NY市

ワールド

豪、帰国者を半数に制限 ビクトリア州は新規感染者が

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月