最新記事

BOOKS

沖縄の風俗街は「沖縄の恥部」なのか?

2018年11月13日(火)16時35分
玖保樹 鈴

終戦後アメリカの占領統治下に置かれた沖縄では、米兵相手に売春を始める戦争未亡人が急増した。一方で占領米軍によって、多くの女性がレイプの危機に晒された。野戦病院内で襲われたり、拉致されて行方不明になったり、凌辱の末に殺された女性もいることがわかっている。1955年には嘉手納村(現在の嘉手納町)では6歳の少女が強姦され、惨殺される事件も起きた。

現在は内地の観光客がおもな相手だが、かつては生活を守るため、子どもや女性を性暴力から守るための、特飲街はいわば「性の防波堤」だったのだ。

しかし同書によると、1995年に起きた小学生暴行事件の加害者の米兵たちは、「売春街に行こうか」「あそこは薄暗くて汚くて、自分の貧しい子ども時代を思い出すから嫌だ」と語っていたという。

特飲街があってもレイプ事件は起こっている。また性病が蔓延して客が寄り付かなくなる店や、米兵の相手は負担が大きいとして、日本人男性のみを相手にする女性も多かった。特飲街は、防波堤の役割を果たしきれるものではなかったのだ。

生きてくために売春することの何が悪いか

女性の性を奪うことで生を与えてきた特飲街だが、真栄原新町もコザ吉原も、現在はほぼ壊滅している。2010年以降、宜野湾市は沖縄県警とともに、青少年の健全育成のために真栄原新町の違法風俗店の摘発を進めたからだ。

街の入口に検問を張り、訪れる人たちを職務質問するなどして、客を寄せ付けないようにした。店側には税務署が売り上げに課税し、経営を圧迫した。ほぼ同じタイミングで、コザでも取り締まりが始まった。いずれも「浄化」運動が功を奏し、買春目的で訪れる男たちは消えた。

一連の流れを見てきた藤井さんに対し、真栄原新町の運動を推進した女性団体の副会長(当時)は、「女性として、売春することは許せないと思ったんです。女の武器を利用してやっているのは、私は一人の女として許せないし、それを弄んでいる男も許せません」と同書で答えている。それを聞いた藤井さんは


どうして、許せないと言うのだろうか? それは侮蔑なのか。人生観の押しつけなのか。真っ当な生き方へと救済したいと思っているのか。

と、疑問を抑えきれない。そして1960年頃から売春を続け、現在はアパートで1人暮らしをする87歳の女性による「生きてくために売春することの何が悪いか」のメモ書きを見て絶句する。

しかし藤井さんは決して、売春を「生きるための必要悪」として片付けることをしない。その是非を問うたり、特殊な仕事のように扱うこともない。ましてや賛美もない。

ニュース速報

ワールド

NZで3カ月超ぶりに確認されたコロナ感染者、貨物介

ワールド

原油先物は上昇、米在庫が予想以上に減少

ワールド

ILO、新型コロナによる若者の失業や学習機会減少を

ワールド

米韓合同軍事演習、コロナで規模縮小して実施へ=韓国

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 10

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月