最新記事

テクノロジー

【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

Police Begin Flying Motorcycle Training in Dubai

2018年11月9日(金)14時30分
デービッド・ブレナン

空飛ぶバイクの訓練風景 hoversurfofficial/INSTAGRAM

<豪華なスーパーカー部隊を持つアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察。「空飛ぶバイク」でパトロールする日も近い?>

中東のアラブ首長国連邦・ドバイの犯罪者はすでに、ドバイ警察の「スーパーカー部隊」に追われる身だが、じきに上空からの追跡にも目を光らせる必要がありそうだ。

米CNNテレビによれば、ドバイ警察は2020年の導入を視野に、「空飛ぶ白バイ」のパイロットの訓練を始めた。

電動垂直離着陸機(eVTOL)である空飛ぶバイクの開発を手掛けたのは、ロシアのスタートアップ企業で米カリフォルニア州に拠点を置く「ホバーサーフ」だ。同社は昨年UAEとの間で空飛ぶ白バイ「S3(スコーピオン3)」をドバイ警察に供給する契約を締結。このたび初回分のパーツの納品を完了した。

空飛ぶバイクのデモ動画(ホバーサーフ社提供)


ドバイ警察のAI(人工知能)課の総務部長、ブリガディエル・カリード・ナセル・アルラズーキは、空飛ぶバイクなら従来は出動が難しかった場所にもたどり着けるので、将来的に初動捜査の手段として活用すると言った。

車体の総重量は115キロで、最高速度は時速96キロ。地上から最高5メートルの高さで飛行できる。搭載重量は364キロで、パイロットが乗れば10~25分間、ドローン・モードなら40分間の連続飛行が可能だ。

フル充電には2時間半かかるが、ドバイは1台につき約15万ドルで購入する。

「現在、パイロット2名が(空飛ぶバイクの)操縦訓練を受けており、パイロットも増員中だ」と、アルラズーキはCNNに語った。ホバーサーフは自社のインスタグラムに、訓練の様子を撮影した動画を投稿した。

パイロット免許は不要

同社のジョセフ・セグラコンCOO(最高執行責任者)は、ドバイ側が望むだけ大量生産する体制を整えていると言った。「追加注文があれば来月か再来月に連絡がくる。もし30~40台ほど欲しいと言われたら、その通りに対応できる」

理想的なパイロットの条件は、バイクの運転またはドローンの操縦をした経験があることだとセグラコンは言う。

今の電池技術では連続飛行時間が大幅に制限されるなど、空飛ぶバイクにはまだまだ限界がある。ドバイ警察とホバーサーフはCNNに対し、電池の開発にグラフェン(シート状炭素分子)といった新たな素材を使ってバイクの推進力を高めるなど、飛行時間を延ばす方法を研究していると言った。

ホバーサーフは現在、S3の生産拠点として3カ国を検討しており、ドバイも候補地の1つだ。

S3は、お金があれば一般市民でも買える(2カ月~半年待ち)。ただし、飛ばすには十分な操縦技術があることを証明しなければならない。アメリカの場合、パイロット免許はなくてもいい。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 5

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月