最新記事

人権問題

ベトナム女性人権活動家に初公判 不当拘束から3カ月、既に判決も用意済みか

2018年11月8日(木)20時50分
大塚智彦(PanAsiaNews)

2015年、拘束された人権活動家の解放を呼びかけていたフイン・トゥク・ヴィーさん。facebookページより

<エキゾチックな観光地、そして中国に代わる世界の工場として注目の国ベトナム。だがこの国には人権抑圧の一党独裁国家という顔もある>

ベトナムの著名なブロガーで、人権、特に女性や少数者の人権保護の分野で活躍し、8月から治安当局に身柄を拘束されているフイン・トゥク・ヴィーさん(33)に対する初公判が近く開かれる見通しとなった。裁判ではヴィーさんに対してまったく身に覚えのない「国旗および国章への侮辱罪」容疑が問われることになる、と支援団体や弁護士が明らかにした。

ヴィーさんは2018年8月9日、ベトナム中部高原ダクラク州ブオンホーにある自宅で地元ブオンホー警察によって突然身柄を拘束され、家宅捜索でヴィーさんの携帯電話やパソコン、カメラ、資料などが押収された。

参考記事:ベトナム女性人権活動家、突然の拘束 報道・言論の自由への道なお険しく

ヴィーさんは自らもその創設に関わったNPO団体「ベトナム女性の人権保護(VNWHR)」のホームページに「皆さんの協力でベトナムにおける暴力と拷問を阻止する声を挙げてほしい」と動画をアップ、拡散を求めていた。

以前からヴィーさんには警察当局から出頭要請や事情聴取要請が来ていたが、容疑が判然としないことからヴィーさんはそうした要請を一切拒否していたが、この動画が当局を刺激し、ヴィーさんは突然身柄を拘束されたとみられている。

身柄拘束時も警察は容疑を明らかにしておらず、その後も警察は拘束理由を一切公表しないままの状態が3カ月も続いていた。

身に覚えのない容疑で初公判へ

ところが11月に入ってヴィーさんの弁護士であるダン・ディン・マン氏や支援団体に入った情報で、近くヴィーさんに対する裁判が始められることが分かった。そして注目の容疑に関しては1999年制定の刑法276条にある「ベトナム国旗及び国章に対する侮辱罪」を検察側が適用する予定であることが判明したという。

マン弁護士らによると、検察側は2017年にヴィーさんの活動の様子を撮影した動画の背後に、ペンキが塗られたベトナム国旗が写りこんでいることを取り上げて「国旗侮辱罪」の適用を決めた、という。弁護士らは「ヴィーさんは背後にそのような国旗があることすら知らなかったはずである」として裁判では「全く身に覚えのない言いがかりによる冤罪であり当然無罪を主張する」としている。

当局側は、海外を含めてベトナム国内にも大きな発信力と影響力があるヴィーさんをとりあえず「口を封じる」ため8月に身柄を拘束したものの、有罪にできる容疑の立件に時間がかかり、3カ月が経過してなんとか苦肉の策で今回の「国旗侮辱罪」を適用することになったのでは、と人権団体の関係者は指摘する。

そして通常の裁判であれば無罪は確実だが、ベトナムではこうした民主活動家、人権活動家に対しては国家転覆容疑、社会混乱容疑などで禁固10年以上の有罪判決が言い渡されることが特に近年は多く、ヴィーさんの裁判でも重い求刑と判決がすでに用意されているとの見方が強い。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月