最新記事

人権問題

ベトナム女性人権活動家、突然の拘束 報道・言論の自由への道なお険しく

2018年8月12日(日)20時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

「暴力と拷問を止めて」と語るフイン・トゥク・ヴィーさん

<西側諸国との関係正常化を果たし、日本からも多くの観光客が訪れる美しい国ベトナム。だが、この国は一党独裁体制であるのは今も変わらない>

社会主義共和国であるベトナムで女性や少数者の人権保護、言論の自由などの実現を目指して活動中の女性ブロガーであり、女性人権活動家でもあるフイン・トゥク・ヴィーさんが8月9日、ベトナム中部高原ダクラク州ブオンホーの自宅で地元警察によって連行、逮捕されたことが明らかになった。

ヴィーさんはNPO団体の「ベトナム女性の人権保護(VNWHR)」の共同設立者の一人で、女性の政治犯や人権活動家を保護する運動に携わると同時にブログやFace Bookなどで自ら各種の問題提起や主張を発信するブロガーとしても知られる女性だった。

ベトナム当局はヴィーさんの逮捕についてその容疑を含めて公式見解を示していないが、治安当局による女性への人権侵害に関して国際的に発信するヴィーさんの「口封じ」が目的とみられている。

ヴィーさんの夫、レ・カン・ドゥイ氏によると8月9日午前7時ごろ、自宅にまず警察官2人が訪れヴィーさんと話しを始め、その後私服警察官を含む約30人が増員され、ヴィーさんの身柄を拘束、連行したという。

さらに1時間後には約40人の警察官による自宅の家宅捜索が始まり、ヴィーさんのラップトップのパソコン、携帯電話、カメラ、書籍や資料、服まで押収して持ち去ったという。

これまでたびたび警察による出頭要請、事情聴取の求めに対しヴィーさんがこれを一切拒否していたことから、同日の強制捜査となったとみられている。

ヴィーさん、最も影響力のある人権活動家

「VNWHR」のホームページにはヴィーさんがかつてアップした「暴力と拷問を止めて」という動画が残されている。動画の中でヴィーさんは切々と訴え掛けている。
「民主主義、自由、人権という価値は皆さんの国では当たり前でも私の国ではとても高い代償を払わなければならないのです」「ベトナムの子供たちは親が目の前で暴力の被害に遭っているのを見て育っているのです」「自由の主張はしばしば妨害され、制服を着た人々によってすら妨害されるのです」「法執行機関は躊躇なく暴力、拷問を加えてきます。基本的人権を取り戻したい。それにはどうかこの動画を皆さんがシェアしてベトナムの暴力と拷問を阻止する声を挙げてほしい」

このベトナムの人権侵害の闇を訴えるたった約3分半の動画が今回のヴィーさんの逮捕に繋がった可能性も指摘されている。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 9

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 10

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月