最新記事

ミャンマー

スー・チー、人材育成のため投資呼びかけ ASEANビジネス投資サミットで

2018年11月13日(火)07時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ASEANビジネス・投資サミット2018(ABIS2018)でミャンマーへの投資を訴えるスー・チー Athit Perawongmetha / REUTERS

<ロヒンギャ族への虐殺によって国際的に批判を受けたミャンマー。実質的な指導者のスーチーは、海外からの投資を呼びかけるが──>

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家最高顧問兼外相は12日、シンガポールで開催された「ASEAN(東南アジア諸国連合)ビジネス・投資サミット2018(ABIS2018)」で基調講演し、ASEAN各国や日本など国際社会に対し「ミャンマーは(ASEAN域内の)最後のフロンティアであり、人材を養成するためにも是非さらなる投資をしてほしい」と呼びかけた。

経済関連のASEAN会議であることから基調講演では一切政治的な問題には触れることなく、現在のミャンマーが置かれている経済的な立場について「決して発展途上国という言葉は使わないが、シンガポールのように目覚ましい発展を遂げている訳ではない」と謙虚に現状を分析した。

そのうえでミャンマーの投資環境について「より簡素な手続きでより迅速に進めることが肝心である。できることとできないことをきちんと見極めてできることからやってほしい」としたうえで「投資を考えている人たちはまずミャンマーに来て自分の目でミャンマーの現状を見てほしい」と企業担当者らによるミャンマー訪問を強く求めた。

さらに海外からの投資に関しては「国内にミャンマー投資委員会(MIC)ができており、この一つの窓口だけで手続きが済むように、よりスムーズな投資に努めている」と政府を挙げて海外からの投資誘致に積極的に取り組んでいる姿勢を改めて強調した。

他国が歩いている間に走るミャンマー

スー・チー顧問は「ミャンマーがビルマとして独立するころ、当時の指導者は他の国が歩いている間に我々は走らなくてはならない、とはっぱをかけていたが、今のミャンマーもまさに同じである」として世界水準に追いつくために懸命にミャンマーが走ろうとしていることを伝えようとした。当時の指導者というのは明言こそしなかったものの実父で「ビルマ独立の父」と国民から慕われるアウンサン将軍のことが念頭にあったのは間違いないとみられている。

ミャンマーの現状についてスー・チー顧問は基本的に農業国であることから「食の安全保障はとても大きな問題として関心を寄せている」と農業分野での投資を歓迎し、さらにサービス関連分野や健康問題、そして教育の分野への投資を特に求めているとの考えを示した。

ニュース速報

ワールド

ブレグジット合意、近いものの保証されず=仏外務副大

ワールド

ブレグジット合意、現状では支持できず=北アイルラン

ビジネス

日経平均は小反落、薄商いで方向感に欠ける展開

ワールド

欧州都市部の大気汚染で2016年に40万人が早死に

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月