最新記事

ミャンマー

スー・チー、人材育成のため投資呼びかけ ASEANビジネス投資サミットで

2018年11月13日(火)07時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

「人材より優れた資源はない」

1970年代、80年代には多くのミャンマー人学生がシンガポールに留学して高度な教育を受けて帰国していることを例に挙げながら、高度な教育制度をミャンマーでぜひとも再構築することで、多様な人材のミャンマー人を育てることが可能になると強調した。

「ミャンマーには豊富で多様な天然資源があるが、人という資源つまり人材より優れた資源は存在しない」と述べて、ミャンマーの教育システムの整備が喫緊の課題であるとの考えをわかりやすく説明した。

最後にスー・チー顧問は会議開催国であるシンガポールに配慮したためか「シンガポールの教育制度はミャンマーより相当に先を行っている。我々ミャンマーも教育の分野で早くシンガポールの水準に追いつき、そしていつかはシンガポールを追い越したいと思っている。どうか皆さんの投資でミャンマーの教育制度を整備してよりよい人材を輩出できるように協力してほしい」と述べて基調講演を締めくくった。

ABIS2018では二日目の13日にはタイのプラユット首相やマレーシアのマハティール首相の基調講演も予定されている。

スー・チー顧問は11月13日に開催されるASEAN首脳会議や15日にASEANに日米中など18カ国首脳が参加する東アジアサミットに出席する予定でシンガポールを訪問している。東アジアサミットには日本の安倍晋三首相やロシアのプーチン大統領も参加する。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

ニュース速報

ビジネス

中国・日本・イタリアのCDSが急上昇、新型肺炎を懸

ビジネス

楽天、送料無料は「法令上の問題なし」

ビジネス

ECB、新型ウイルスで必要なら臨時会合も=リトアニ

ビジネス

アングル:総会開催で苦悩する企業、感染対策で「バー

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて三木谷氏にダメ出しする

  • 3

    新型コロナウイルス最大の脅威は中国政府の隠蔽工作

  • 4

    米軍を襲ったイラン謎の衝撃波、解明には数年かかる

  • 5

    徹底したウイルス対策実施のシンガポール 他国が真…

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は…

  • 9

    すでにTOEIC960点越え、日本の第一人者に「国産」機…

  • 10

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 7

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月