最新記事

ミャンマー

スー・チー、人材育成のため投資呼びかけ ASEANビジネス投資サミットで

2018年11月13日(火)07時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ASEANビジネス・投資サミット2018(ABIS2018)でミャンマーへの投資を訴えるスー・チー Athit Perawongmetha / REUTERS

<ロヒンギャ族への虐殺によって国際的に批判を受けたミャンマー。実質的な指導者のスーチーは、海外からの投資を呼びかけるが──>

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家最高顧問兼外相は12日、シンガポールで開催された「ASEAN(東南アジア諸国連合)ビジネス・投資サミット2018(ABIS2018)」で基調講演し、ASEAN各国や日本など国際社会に対し「ミャンマーは(ASEAN域内の)最後のフロンティアであり、人材を養成するためにも是非さらなる投資をしてほしい」と呼びかけた。

経済関連のASEAN会議であることから基調講演では一切政治的な問題には触れることなく、現在のミャンマーが置かれている経済的な立場について「決して発展途上国という言葉は使わないが、シンガポールのように目覚ましい発展を遂げている訳ではない」と謙虚に現状を分析した。

そのうえでミャンマーの投資環境について「より簡素な手続きでより迅速に進めることが肝心である。できることとできないことをきちんと見極めてできることからやってほしい」としたうえで「投資を考えている人たちはまずミャンマーに来て自分の目でミャンマーの現状を見てほしい」と企業担当者らによるミャンマー訪問を強く求めた。

さらに海外からの投資に関しては「国内にミャンマー投資委員会(MIC)ができており、この一つの窓口だけで手続きが済むように、よりスムーズな投資に努めている」と政府を挙げて海外からの投資誘致に積極的に取り組んでいる姿勢を改めて強調した。

他国が歩いている間に走るミャンマー

スー・チー顧問は「ミャンマーがビルマとして独立するころ、当時の指導者は他の国が歩いている間に我々は走らなくてはならない、とはっぱをかけていたが、今のミャンマーもまさに同じである」として世界水準に追いつくために懸命にミャンマーが走ろうとしていることを伝えようとした。当時の指導者というのは明言こそしなかったものの実父で「ビルマ独立の父」と国民から慕われるアウンサン将軍のことが念頭にあったのは間違いないとみられている。

ミャンマーの現状についてスー・チー顧問は基本的に農業国であることから「食の安全保障はとても大きな問題として関心を寄せている」と農業分野での投資を歓迎し、さらにサービス関連分野や健康問題、そして教育の分野への投資を特に求めているとの考えを示した。

ニュース速報

ワールド

WTO、上級委が機能不全に 米が委員選任改めて拒否

ワールド

原油価格、来年第2四半期までに70ドル超えも=バン

ビジネス

ボルカー元FRB議長死去、92歳 インフレ抑制で功

ワールド

イラン、米と全ての捕虜交換の用意=ザリフ外相

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月