最新記事

BOOKS

『サピエンス全史』の歴史学者が、AI革命後の未来を見通す最新刊

Harari’s Grand Narratives

2018年10月18日(木)17時00分
サミュエル・アール

『サピエンス全史』の著者ハラリが最新作で現在と未来の緊急の課題を論じる VCG/GETTY IMAGES

<『サピエンス全史』で世界を席巻した気鋭の歴史学者ユバル・ノア・ハラリが人類の今後に警鐘を鳴らす>

2011年、エルサレムにあるヘブライ大学のほとんど無名な35歳の歴史学者が3冊目の著書を出版した。ユバル・ノア・ハラリ著『サピエンス全史』(邦訳・河出書房新社)は、人類の歴史を400ページに凝縮した野心的かつ壮大なスケールの本で、イスラエルで3年連続ベストセラー1位という大成功を収めた。

14年に英訳されると、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツやフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO、バラク・オバマ米大統領(当時)など世界中の大物たちが「必読書」と大絶賛。既に全世界で800万部を突破している。

中世軍事史の専門家としては異例の注目度だが、本人は名声を受け入れている。『サピエンス全史』の成功に続き、16年には『ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来』(邦訳・河出書房新社)を出版。最新作は今年9月出版の『21世紀のための21の教訓』だ。

ハラリは今や富裕層の集まりの常連だ。スイスで世界各国の首脳に交じって世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に参加し、シリコンバレーのIT企業の会議室で重役たちと議論を交わす。

現代の知性の象徴とも言うべきTED(優れたアイデアをスピーチで世界に広めることを目指す非営利団体)での講演回数も増える一方だ。最近はホログラムを使って講演、再生回数は100万回を超えている。

「研究生活に入った当初は、これほど影響力を持つようになるとは思わなかった」と、『21の教訓』の出版前にハラリは本誌に語っている。「『サピエンス全史』は主にイスラエルの大学生に向けて執筆した。今は当時以上に期待され、責任も重い」

AI技術の最前線に注目

思わぬ人気に後押しされ、ハラリは研究の焦点を遠い過去から現在と未来の緊急の課題に移している。「今、世界の最大の問題の1つは情報の氾濫だ。何が起きているのか理解し、正しい優先順位を付けることは非常に難しい。議論は白熱しても、最も重要な問題は完全に無視されかねない。私の最大の使命は公の議論に明晰さをもたらし、少なくとも何が最も重要な問題かについて人々を合意させることだと思う。その問題の答えを見つけるのはさらに難しい」

焦点の変化は名声がもたらした自由のおかげでもある。好奇心の赴くままに探究できるようになり、最近の著作や今回の取材からは、その行き先がもはや古代文明ではないことがうかがえる。いま注目しているのは、人工知能(AI)技術の最前線。『21の教訓』も数多くの「現在の最も差し迫った問題」を網羅しているが、主役はAIだ。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月