最新記事

インドネシア

スラウェシ島の地震・津波の死者1558人、被災した子供60万人の多くがホームレスに

Death Toll in Indonesia Grows as Looters Are Arrested

2018年10月5日(金)17時00分
ジャクブ・レワンドウスキ

津波で陸に乗り上げた船と被災した子供たち(スラウェシ島ドンガラ、10月3日)Athit Perawongmetha-REUTERS

<この上なく厳しい環境でホームレスになった子供たちの助けはまだか>

インドネシア中部スラウェシ島を襲ったマグネチュード(M)7.5の地震と津波から10月5日で1週間。国家災害対策庁は、死者が1558人に上ったと明らかにした。また略奪容疑で逮捕された住民は92人に上った。

国家災害対策庁のストポ・プルウォ・ヌグロホ報道官は10月4日、死者がさらに増えて1424人、行方不明者は114人に上ったと発表した。

負傷者は数千人に達し、その多くは倒壊や津波で家を失った。

「子供にとってこれ以上に恐ろしい経験はない。多くの子供がショックを受けて傷つき、孤独と恐怖の真っ只中にいる。生き残った親戚を探す子供たちは、子供が見るべきではない恐ろしいものまで見てしまう」と、国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」でのズベディー・コテンはアルジャジーラに語った。被災した60万人の子供たちの多くはホームレスになり、路上で生活している、と彼は付け加えた。

追い打ちをかけるように、スラウェシ島では10月3日朝、ソプタン山が噴火した。噴煙は高さ4000メートルまで達したが、今のところ被害は報告されていない。

生きるための略奪から金目当てへ

インドネシア当局は、被害がもっとも激しかった州都パルとその周辺で略奪を行った92人を逮捕。兵士たちは、略奪を続ける住民に向けて、発砲するよう命じられた。

「今後はもし略奪行為を見つけたら、一発は威嚇射撃を行うが、次は撃って逃げられなくする」と、インドネシア軍のイダ・デワ・アグング・ハディサプトラ大佐はAFP通信に語った。地震と津波の発生直後はひどい品不足で、生きるために略奪する群衆を警官たちは傍観するしかなかった。

「被災後2日間は、みんな食料や生活用品が必要だったから(略奪も)大目に見るしかなかった。だが3日目には、電化製品のようなものの略奪が始まった」と、彼は言った。

水や食料、避難所、燃料など何もかも不足している被災地へ向けて、アメリカや日本を含む17カ国とEU、国連などが10月1日までにインドネシア政府に対し、援助を申し出た。

「インドネシア政府は災害対応の経験が豊富で、十分な備えもある。だがどんな国でも、国外からの援助は必要だ」と、国連のマーク・ローコック事務次長(人道問題担当)兼緊急援助調整官は声明で述べ、1500万ドルの資金援助を発表した。米CNBCが伝えた。

すでにシンガポール、韓国、イギリス、マレーシア、インドの5カ国が、輸送機11機の派遣を約束。日本も支援物資の輸送にあたるため、輸送機1機、自衛隊員ら約40人の派遣を決定するなど、国際社会の支援が本格化している。

(翻訳:河原里香)


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

ウイークデーの朝にお届けします。

ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

英小売売上高、1月は横ばい 個人消費の低調継続=C

ビジネス

FRB利下げなら債務返済や借り換えに注力=トランプ

ビジネス

世界経済に中期リスク、一段の金融緩和で解決できず=

ワールド

OPEC、協調減産6月まで延長も 新型肺炎で需要減

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪誘致

  • 3

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 5

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 6

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 9

    新型コロナウイルス、感染状況まとめ

  • 10

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 5

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 9

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 10

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月