最新記事

韓国

肥満になって兵役逃れ 兵役で人生を無駄にしたくない若者の増加に手を焼く韓国

Students Gained Weight to Dodge Military Service

2018年9月13日(木)18時00分
ヤクブ・レバンドフスキ

ソウル空軍基地で気勢を上げる韓国軍兵士(2010年) Jo Yong-Hak- REUTERS

<徴兵制を敷く韓国では兵役に就きたくない男性たちがあの手この手で兵役逃れを画策>

韓国兵務庁は9月11日、兵役義務を逃れるために意図的に体重を増やした大学生12人に対して厳しい処分を下す方針を明らかにした。

CNNは「兵務庁は兵役逃れの犯罪を根絶するために徹底した調査を実施する構えだ。公平かつ公正な兵役文化が根づくよう、兵役逃れをした者には見せしめとして厳しい処罰を科す所存だ」という当局者の発言を報じている。

問題の12人はいずれもソウル市内の同じ大学に通う音楽専攻の学生。兵役によってキャリアが中断されるのが嫌で、体重オーバーを理由に兵役検査で不合格になるために、急激に体重を増やす方法についてメッセージアプリで情報交換をしていたという。

肉やピザの食事を1日5回摂るほか、体重を増やすためのプロテインパウダーを摂取したり、アロエを含むジュースを飲んだりした。アロエは粒があるので水より排泄されにくいから、と本人たちは言っているという。最終的に、半年で30~100キロも体重を増やして入隊検査で不合格になることに成功。兵役の代わりに公的機関での任務を与えられていた。

韓国では全ての成人男性について、28歳までに21カ月の兵役義務が課せられている。だが健康上の問題や犯罪歴、障害などの理由から兵役に不適格と見なされた場合には、社会服務として公的機関で勤務するなどして兵役を履行する者もいる。

当局によれば、今回の学生たちは検察が違反を確定して起訴を決めた場合、再び身体検査を受けて改めて軍務に就くことになる可能性がある。

兵役免除の特例には批判も

兵務庁が6月に発表した報告によれば、意図的な体重増加は2017年に兵役逃れの手段として最も多く使われ、同年の兵役逃れ59例のうち37%を占めた。二番目に多い23.7%を占めたのが精神疾患を装う方法で、20.3%を占め三番目に多かったのが禁止されているタトゥーを入れるという方法だった。

アジア大会で金メダル、オリンピックで銅メダル以上を獲得したアスリートや、国内外の芸術コンクールで最優秀賞などを得た者は兵役免除を受けることができる。2009年~今年8月までの兵役免除者の数は、スポーツ分野では178人、芸術分野は280人となっているが、近年この制度については批判の声もある。

ジャパン・タイムズ紙が韓国聯合ニュースを引用して報じたところによれば、韓国兵務庁の奇讃守(キ・チャンス)庁長は「スポーツと芸術の分野における制度の包括的見直しを計画している。軍事要員は既に不足しており、兵役免除プログラムが公平であるかどうか見直しを始める予定だ」としている。

韓国の兵役逃れは年々巧妙化し、数も増えており、ここ6年間で摘発された兵役忌避者は300人に達する。兵営逃れという不公平な抜け穴をふさげという社会の圧力も強く、兵務庁はパソコンやスマホのデータを収集・分析して犯人を探す「デジタルフォレンシック」機器を約2億ウォン(約2000万円)で購入した。ただし、使いこなすのはこれからのようだ。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である理由【世界が尊敬する日本人】

  • 2

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 3

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 6

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 7

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 8

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

  • 9

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 8

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月