最新記事

公衆衛生

空港にトイレより汚い場所があった 全員が触るのに

The Filthiest Spot in the Airport Isn't the Bathroom

2018年9月10日(月)14時50分
アビー・インテランテ

こんなに混むことも珍しくない空港だけに(バルセロナ・エル・プラット国際空港) Albert Gea-REUTERS

<空港で乗客が必ず触れるあの場所がウイルスの温床になっている、というショッキングな研究結果が明らかに>

あなたは飛行機に乗るたびに、空港で最も汚い場所を触っている──。

フィンランドとイギリスの科学者らが実施した研究で、空港にある場所で最も表面部分が汚いのは、セキュリティーエリアで我々がジャケットや靴やPCを入れるトレーであることが分かった。感染症の専門誌「BMC Infectious Diseases」に8月29日に発表された研究結果によれば、それらのトレーにはトイレの便座を上回る数のウイルスが付着していると言う。

研究チームは2016年の冬、年間1890万人が利用するフィンランドのヘルシンキ・バンター空港の90カ所で、表面部分や空気中にいる細菌のサンプルを採取。1日3回、利用者数がピークになる時間帯に絞って、ウイルス残留の有無を調べた。

その結果、断トツで最も汚かったのが持ち物検査用のトレーで、半数にA型のインフルエンザを含む何らかのウイルスが付着していた。風邪の原因となるライノウイルスやコロナウイルスOC43でも陽性反応が出た。アメリカの政府機関、疾病予防管理センター(CDC)によれば、結膜炎や肺炎、風邪、下痢、気管支炎など様々な病気の原因となるアデノウイルスも検出された。それほど不潔なトレーに、乗客は自分の手だけでなく、鍵やバッグ、靴、携帯電話などあらゆる持ち物を接触させているわけだ。

トイレは意外にきれい?

空港で2番目に汚いのは、子供用の遊び場にあるプラスチック製のおもちゃや、ドラッグストアにある支払い用端末だった。入国審査場のデスク、ガラス状の仕切り、保安検査場の空気中、階段の手すりなどでもウイルスが検出された。だがそれら4カ所全てについて、表面部分にウイルスが付着していたのは1例ずつしかなかった。

意外にも、トイレの上蓋、水を流すボタン、個室のドアの鍵の部分のどこからも、ウイルスは検出されなかった。14カ所の異なるトイレでサンプルを採取したにもかかわらずだ。

全体的に見て、調査対象にした場所の表面部分の10%で、少なくとも1種類のウイルスが検出された。今回の研究はフィンランドにある1つの空港を調査したに過ぎず、国や地域によって結果が異なってくる可能性はある。だが空港の保安検査用のトレーはあらゆる乗客が使用するため、トレーにウイルスが付着すれば危険なウイルス感染が国を超えて広がるリスクがある、と科学者らは警告している。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>


関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ビットコイン、4万ドル台に上昇

ワールド

米WP紙、9月半ばまでに全従業員のコロナワクチン接

ビジネス

中国株から資金流出、IT・教育業界の規制強化で警戒

ビジネス

原油先物上昇、米原油在庫が予想以上に減少 コロナ禍

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月