最新記事

ロシア疑惑

トランプ、元側近の爆弾証言で「任期中に弾劾」のオッズが急上昇

Trump Impeachment Odds Surge After Cohen Plea Deal

2018年8月22日(水)20時00分
ジェイソン・ルミエール

その日トランプの選挙集会で、参加者はかつてヒラリーに使った「収監せよ」というフレーズを叫んだ(8月21日、チャールストン) Leah Millis−REUTERS

<トランプの元個人弁護士がトランプに不利な爆弾証言を行ったことから、弾劾もありうるという見方が強まった>

ドナルド・トランプ米大統領が人気中に弾劾されるとするオッズが8月21日、一気に跳ね上がった。トランプの元側近2人が、相次いで有罪になったからだ。長年トランプの個人弁護士を務めたマイケル・コーエンが選挙資金法違反など8件の罪を認めたのに続き、元選対幹部のポール・マナフォートには8件の容疑で有罪が言い渡された。コーエンはこれに先立ち検察との司法取引に合意しており、今後、ロシア疑惑関連でトランプに不利な証言をする可能性がある。

政治に関する予想を行うサイト「プレディクト・イット(PredictIt)」では、トランプが弾劾されるとする予想の「株価」が5ポイント上昇し、45セントとなった。予想が的中すれば、1株につき1ドルの払戻金を受け取る仕組みなので、多くの人が弾劾を予想して「株価」が上がるほど儲けは少なくなる。8月21日の終値は、過去3カ月で最高値となった。

それほど、トランプへの打撃は大きいとみられている。

とりわけコーエンは、自らの罪を認めただけではない。10年以上トランプの黒幕だったことを自認し、トランプが撃たれたら自分が弾を受けるとまで公言していた側近中の側近が、トランプの不倫相手のポルノ女優ストーミー・ダニエルズに口止め料を払ったのはトランプの指示だった、と法廷で爆弾証言を行った。

ダニエルズには口止め料として13万ドルが渡されたが、これは「大統領選挙に影響を与える」ことが目的だったと、コーエンは述べた。トランプは当初、口止め料の支払いを知らなかったとしていたが、後になって、コーエンに対して口止め料分の金額を返却していたことが明らかになった。

コーエンの罪状にはほかにも、10年ほど前にトランプと不倫関係にあったと主張している「プレイボーイ」の元モデル、カレン・マクドゥーガルへの口止め料支払いも含まれている。

これは「魔女狩りだ」を繰り返すトランプ

これらの出来事を受けて、現在トランプの個人弁護士を務めるルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長は、ニューヨークの法廷で行われているコーエンの審理はトランプとは無関係だと距離を置こうとした。「コーエン氏に対する容疑の中には、大統領の不正行為は何も含まれていない」と、ジュリアーニは言った。「検察官が指摘したように、コーエン氏の行動には、かなりの期間にわたって嘘と不誠実のパターンが見受けられるのは明らかだ」

トランプはその夜、ウェストバージニア州チャールストンで選挙集会を開いたが、コーエンやマナフォートの件には触れなかった。ただしいつものように、ロシア疑惑に関する捜査を「魔女狩りだ」と非難するのは忘れなかった。集まった聴衆からは、「あいつを収監しろ」の大合唱が怒った。2016年大統領選挙で対立候補のヒラリー・クリントンを攻撃した時の言葉だが、今回はトランプに対する皮肉にも聞こえた。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月