最新記事

サイエンス

マッチョな男が高級車で飛ばしたがるワケ

Testosterone and Men's Behavior

2018年8月21日(火)15時30分
スコッティー・アンドルー

人間のオスは「ラグジュアリー」な車や服で他を圧倒しようとする WaveBreak/iStcok.

<権力欲もブランド志向も男性ホルモンのなせる業――一方で心臓が強く、長寿に恵まれるというメリットも>

男性ホルモンのテストステロンが多い人は性欲旺盛で、自己顕示欲の塊でもある――というのはよく聞く話。それなら、スポーツカーを乗り回すようなイタいオヤジはテストステロン値が高い......?

いや、冗談ではなくそれなりに科学的な裏付けがある。ここ数年の研究で分かってきた男性ホルモンたっぷりな人の特徴を見ていくと、たいていはあなたのよく知る誰かさんに当てはまるのではないか。

【1】高級感にこだわる

科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された研究によると、テストステロン値が高い人ほど高級ブランドや高い地位にこだわる傾向がある。

実験では18~55歳の男性約240人を2グループに分け、一方にはテストステロンを飲ませ、他方には偽薬を与えた。その後、高級なブランドとカジュアルなブランドを提示し、どちらが好きかを聞いた。さらに同様な商品に関する複数の広告を見せ、最も気に入ったものを選ばせた。

すると、テストステロンを飲んだ男性ほど高級ブランドを好み、性能や品質より高級感や特別感を訴求する広告に反応する傾向が高かったという。

群れで暮らす動物のオスが力の優位性を誇示して自分の地位を守ろうとするのと同じだと、論文の共著者でカリフォルニア工科大学のコリン・キャメラー教授は言う。「人間のオスも同じ。かぎ爪や筋肉の代わりに服や車で力を誇示する」。そういえば、超高級車ランボルギーニの所有者の93%は男だとか。

【2】リスクを取り過ぎる

シンガポール経営大学のメルビン・テオらが約3200人の男性ファンドマネジャーの運用成績を調べたところ、幅広顔の人(一般にテストステロン値が高いとされる)は細面の人に比べて1年間の成績が6%ほど悪かったという。

幅広顔の投資家は積極的にリスクを取り、損をしてでも一発逆転を狙いがち。データがなくても直感を信じ、結果のためなら手段を選ばず、不正行為にも手を染めやすいとされる。

【3】判断が衝動的

男性ホルモンの多い人は衝動的な決断を下しやすい。サイコロジカル・サイエンス誌に発表されたペンシルベニア大学のギデオン・ネーブ経営大学院助教らの研究によれば、テストステロンを1回投与しただけで、引っ掛け問題(直感的に正解と思われる答えが実は誤答になるような問題)への正答率が低下したという。

動物のオスはメスをめぐって争うときにテストステロン値が上がるが、そんな状況で衝動的な判断を下すと命取りになりかねない。

【4】恵まれた環境で育つ

テストステロン値はその人が育った環境も教えてくれる。英ダラム大学などの研究チームが360人のバングラデシュ人男性を調査したところ、イギリス育ちでイギリス在住の人は、バングラデシュ育ちでバングラデシュ在住の人よりもテストステロン値が有意に高いことが分かったという。イギリス育ちのほうがバングラデシュ育ちの人より背が高く、思春期を早く迎える傾向も確かめられた。

途上国では感染症や栄養不良のリスクが高いが、筆頭著者のケッソン・マジッドによれば、こうした健康リスクのない状況ではテストステロンの値が上がりやすいそうだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ハリス氏と数回の討論会行う用意と表明 

ワールド

米俳優クルーニーさん、ハリス氏を支持 民主党大統領

ワールド

トランプ氏、訪米中のネタニヤフ氏と26日に会談へ

ワールド

米警護隊長官が辞任、トランプ氏銃撃巡り引責
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    「これは無理」「消防署に電話を」出入口にのさばる…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中