最新記事

都市開発

世界が笑った中国模倣建築、実は、なぜだか販売好調

China’s “Duplitecture”

2018年8月7日(火)19時00分
クリスティーナ・チャオ

エッフェル塔もどきがそびえ立つ「偽パリ」の天都城 ALY SONG-REUTERS

<世界から笑われた「偽パリ」「偽ロンドン」。政府が締め付け、一時ゴーストタウン化したが大都市への近さと安さで人気が再燃している場所も>

中国東部・浙江省の杭州郊外に、高さ100メートルちょっとのエッフェル塔のレプリカが立っている。その周囲には約3100ヘクタールにわたりパリ風の建物と噴水、景観が広がっている。

この模倣の街・広廈天都城はパリから8000キロ以上離れているが、フランスのエッセンスを再現する目的で設計された。ここを訪れれば、本物のパリへ行く必要がないように──。

天都城は2007年、1万人以上の住民が暮らせる高級住宅地として販売を開始した。だが今も大半が空室のまま。中国の人々がその奇妙なコンセプトと地理的な不便さに拒否反応を示した結果だ。

2013年には、空っぽの大通りと雑草の生い茂るエッフェル塔の動画がきっかけとなり、この街の開発を失敗と断じ、「最悪レベルのゴーストタウン(鬼城)」と呼ぶ報道が相次いだ。

どこか別の場所に酷似した中国の街は天都城だけではない。中国の経済成長が加速した90年代は、世界規模での成功と富を象徴する住宅のニーズが高まった時期でもあり、欧米建築の模倣がある種のブームになった。2000年代に入ると、「偽都市」や世界的な名所のお手軽な模造品が国内各地に乱立した。

河北省では北京から北へ2時間の場所に、裕福な都市住民の休暇先としてアメリカ西部のワイオミング州ジャクソンホールにそっくりなリゾートタウンが誕生。2001年には、上海市当局が中心部の人口増加を緩和するため、さまざまなテーマの衛星都市を郊外に建設する「一城九鎮」プロジェクトに着手した。

そのうちの1つ松江区のテムズタウン(泰晤士小鎮)は、まるでロンドンの町並みのパロディーのようだ。英国式タウンハウスが並ぶ通りは石畳で舗装され、赤い電話のブース、大聖堂、イギリス風の制服を着た警備員、ウィンストン・チャーチルの銅像までそろう。近くの蘇州にはロンドンのタワーブリッジのコピー橋がある。

コピー建築に引かれる訳

テムズタウンの基本計画を手掛けた建築家のアンソニー・マッケイは、出来上がった街は「お笑い草」で失望したと本誌に語る。「あれは私が意図したテムズタウンではない。彼らは(イギリスに)来て建物の写真を撮り、それをコピーしただけ。建物に奥行きがない」

欧米をまねたテムズタウンを含む9つの衛星都市には、住宅団地の機能に加え、本物を見に行く経済的余裕がない人向けの観光スポットの役割もある。例えばギリシャまでパルテノン神殿を見に行けない人々には、代わりに甘粛省蘭州の模倣品がある。ほかにもホワイトハウス、ローマのコロッセオ、ギザのスフィンクスなど、世界の名所が中国各地に造られている。

mag180807china_2.jpg

モクスワのクレムリン内の大聖堂によく似た北京市門頭溝区の庁舎 REUTERS

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月