最新記事

都市開発

世界が笑った中国模倣建築、実は、なぜだか販売好調

China’s “Duplitecture”

2018年8月7日(火)19時00分
クリスティーナ・チャオ

エッフェル塔もどきがそびえ立つ「偽パリ」の天都城 ALY SONG-REUTERS

<世界から笑われた「偽パリ」「偽ロンドン」。政府が締め付け、一時ゴーストタウン化したが大都市への近さと安さで人気が再燃している場所も>

中国東部・浙江省の杭州郊外に、高さ100メートルちょっとのエッフェル塔のレプリカが立っている。その周囲には約3100ヘクタールにわたりパリ風の建物と噴水、景観が広がっている。

この模倣の街・広廈天都城はパリから8000キロ以上離れているが、フランスのエッセンスを再現する目的で設計された。ここを訪れれば、本物のパリへ行く必要がないように──。

天都城は2007年、1万人以上の住民が暮らせる高級住宅地として販売を開始した。だが今も大半が空室のまま。中国の人々がその奇妙なコンセプトと地理的な不便さに拒否反応を示した結果だ。

2013年には、空っぽの大通りと雑草の生い茂るエッフェル塔の動画がきっかけとなり、この街の開発を失敗と断じ、「最悪レベルのゴーストタウン(鬼城)」と呼ぶ報道が相次いだ。

どこか別の場所に酷似した中国の街は天都城だけではない。中国の経済成長が加速した90年代は、世界規模での成功と富を象徴する住宅のニーズが高まった時期でもあり、欧米建築の模倣がある種のブームになった。2000年代に入ると、「偽都市」や世界的な名所のお手軽な模造品が国内各地に乱立した。

河北省では北京から北へ2時間の場所に、裕福な都市住民の休暇先としてアメリカ西部のワイオミング州ジャクソンホールにそっくりなリゾートタウンが誕生。2001年には、上海市当局が中心部の人口増加を緩和するため、さまざまなテーマの衛星都市を郊外に建設する「一城九鎮」プロジェクトに着手した。

そのうちの1つ松江区のテムズタウン(泰晤士小鎮)は、まるでロンドンの町並みのパロディーのようだ。英国式タウンハウスが並ぶ通りは石畳で舗装され、赤い電話のブース、大聖堂、イギリス風の制服を着た警備員、ウィンストン・チャーチルの銅像までそろう。近くの蘇州にはロンドンのタワーブリッジのコピー橋がある。

コピー建築に引かれる訳

テムズタウンの基本計画を手掛けた建築家のアンソニー・マッケイは、出来上がった街は「お笑い草」で失望したと本誌に語る。「あれは私が意図したテムズタウンではない。彼らは(イギリスに)来て建物の写真を撮り、それをコピーしただけ。建物に奥行きがない」

欧米をまねたテムズタウンを含む9つの衛星都市には、住宅団地の機能に加え、本物を見に行く経済的余裕がない人向けの観光スポットの役割もある。例えばギリシャまでパルテノン神殿を見に行けない人々には、代わりに甘粛省蘭州の模倣品がある。ほかにもホワイトハウス、ローマのコロッセオ、ギザのスフィンクスなど、世界の名所が中国各地に造られている。

mag180807china_2.jpg

モクスワのクレムリン内の大聖堂によく似た北京市門頭溝区の庁舎 REUTERS

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 2

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 3

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 4

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 7

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    お金持ちになりたいなら、もっとお金を使おう

  • 10

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月