最新記事

銃乱射事件

米eスポーツ大会での銃乱射、ゲームで負けたことが動機か

Multiple Dead at Jacksonville Arcade Shooting

2018年8月27日(月)14時00分
ニコール・グッドカインド

銃乱射を目撃した大会参加者 REUTERS-Joey Roulette

<アメリカで今年232件目となる銃乱射事件がフロリダ州で発生。些細な動機でも実行できるなら、あとどれだけ増えるか分からない>

米南部フロリダ州ジャクソンビルで8月26日、eスポーツのトーナメントが行われていたバーで銃乱射事件が発生し、2人が死亡、11人が負傷した。

地元警察は記者会見を開き、容疑者は現場で死んだ白人の男だと明らかにした。自殺とみられる。

その後の警察の調べで、男は米東部メリーランド州ボルティモアから来たデービッド・カッツ(24)と特定された。単独犯で、少なくとも拳銃1丁を使って犯行に及んだと言う。

米報道によると、容疑者はeスポーツの大会に出場して負けたことがある。それが乱射の動機である可能性もある。

大会がリアルタイムで配信していた試合映像に、銃声が記録された


負傷者はジャクソンビルにある複数の病院に搬送された。

ジャクソンビルにあるメモリアル病院の広報担当者は本誌の取材に対し、搬送された3人の容体は安定している、と言った。

病院に搬送された9人の生存者以外にも2人が負傷したが、事件現場から自力で脱出した、とマイク・ウィリアムズ保安官は記者会見で語った。負傷した11人全員の容体は安定していると言う。

ドナルド・トランプ米大統領は事件について報告を受けており、状況を見守っている、とホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は言った。

銃弾が親指に

警察は負傷者全員を現場から避難させ、目撃者に聞き取り調査を行っている。保安官は市民に対し、事件の様子が映った動画を提供するよう求めている。

乱射事件が起きたのは、ジャクソンビルのダウンタウンにある複合商業施設「ランディング」にある「GLHFゲームバー」。米ゲーム会社「エレクトニック・アーツ」(EA)とNFLが共催するアメリカンフットボールのeスポーツイベント、「マッデン NFL 2019」のトーナメントが開かれていた。奇しくも銃乱射の様子は、ゲーム動画をネット配信するサイト、Twitch(ツイッチ)で中継された。映像の音声から、銃声が響き、悲鳴も上がっているのが分かる。

その日、トーナメントにメンバー1人が参加していたプロのeスポーツチーム、「CompLexity」のジェーソン・レイクCEOは、本誌にこう語った。「今回の事件に大変ショックを受け、悲しんでいる。われわれの選手であるドリニ(ジョカ)は親指を撃たれたが、大丈夫だ。彼は何とか脱出して通りに飛び出し、近くのジムに駆け込んだ」

「本当に不幸中の幸いだった。銃弾が当たったのが親指だった」、とジョカはツイッターに投稿した。「もう二度と、何でも当たり前と思わない。人生が一瞬で終わることもあるのだから」

アメリカの今年の銃乱射事件は、これで232件目となった。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月