最新記事

宇宙

誕生間もない惑星の姿を鮮明に捉えた画期的映像が公開された

2018年7月6日(金)15時30分
松岡由希子

誕生間もない惑星の姿を鮮明に捉えた画期的映像 photo: ESO/A. Müller et al.

<ヨーロッパ南天天文台(ESO)は、誕生間もない惑星の姿を撮像することに初めて鮮明に捉えることに成功した>

英国・ドイツ・フランスを含む欧州15カ国とブラジル、チリが共同運営するヨーロッパ南天天文台(ESO)は、2018年7月2日、誕生間もない新たな惑星の画像を公開した。

チリ・パラナル天文台にある「超大型望遠鏡VLT」が捉えた

独マックス・プランク天文学研究所の研究チームが、チリ・パラナル天文台にあるESOの超大型望遠鏡(VLT)に設置された観測装置「SPHERE」を使って、地球から370光年に位置するケンタウルス座の矮星「PDS70」の周辺でとらえたもの。その成果をまとめた2本の研究論文が学術雑誌「アストロノミー・アンド・アストロフィジックス」に掲載されている。

画像中央の黒いエリアの右隣に明るい点として映っているのが「PDS 70b」と名付けられた"赤ちゃん惑星"である。

ちなみに、中央の黒いエリアは、中央天体の光を遮断してその近くにある天体を観測しやすくする観測装置「コロナグラフ」が矮星「PDS70」の強い光を遮ったことによるものだ。画像では互いに近くにあるようにみえるが、「PDS 70b」とこの矮星とはおよそ30億キロメートル離れており、その長さは太陽と天王星との距離に相当する。

木星の数倍の質量を有する巨大ガス惑星

研究チームの分析によると、「PDS 70b」は、木星の数倍の質量を有する巨大ガス惑星であり、地表温度は摂氏1000度から1600度と太陽系のどの惑星よりも高温で、現在も周囲の物質を巻き込みながら成長を続けている。また、そのスペクトルを分析したところ、「PDS 70b」の大気は雲っていることもわかっている。

一般に、星が新たに形成される際、塵や岩、ガスからなる原子惑星系円盤がその周囲を取り囲む。粒子の衝突によって惑星形成が起き、重力が次第に強くなり、物質を集めながら惑星が形づくられていくというわけだ。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月