最新記事

ハッキング

テロリストが旅客機を遠隔ハイジャックする日

2018年7月2日(月)10時15分
ジェーソン・マードック

ハッカーに利用されかねない「重大な脆弱性」は多数あるという MATUSDUDA/ISTOCKPHOTO

<Wi-Fi経由で衛星通信システムに侵入すれば、飛行中の旅客機をハッキングできる可能性がある>

飛行中の旅客機が地上からハッキングされる――そんな悪夢のようなことが現実に起こり得るのかもしれない。

サイバーセキュリティー企業IOアクティブで主任セキュリティーコンサルタントを務めるルーベン・サンタマータは14年、衛星通信システムのセキュリティー上の欠陥を突けば、航空機や船舶、軍事システム、産業施設などをハッキングすることが理論上可能だと指摘。大きな反響を呼んだ。

それから4年。サンタマータは、Wi-Fi通信網を介して衛星通信システムにアクセスすることで旅客機のハッキングが可能だと実証できたと主張する。詳細は、8月にラスベガスで開催されるサイバーセキュリティー関連のイベント「ブラックハット」で発表する予定だ。

自動車のハッキング実験でも有名なIOアクティブは、セキュリティーの欠陥を見つけた場合は関係企業に通知するよう努めてきたが、サンタマータによれば、ハッカーに利用されかねない「重大な脆弱性」はたくさんあるという。

サンタマータが見つけた問題により人命が脅かされるわけではないが、一部の衛星通信機器の欠陥を利用すればサイバーフィジカル攻撃(現実の世界に打撃を与えるサイバー攻撃)が可能だという。

米政府も危険性を認識

「この世の終わりとまでは言わないが、(攻撃が行われる)シナリオはいくつか考えられる」と、サンタマータはセキュリティー関連ニュースサイトの「ダーク・リーディング」に対して述べている。8月の「ブラックハット」では、衛星通信機器が軍事攻撃に利用されかねないことも示すつもりだという。

最近まで、航空機がハッキングされるというのはほぼ理論上の可能性にすぎないと考えられていた。しかし、昨年11月に航空業界関連サイトの「アビエーション・トゥデイ」が報じたところによれば、米国土安全保障省はそのようなハッキングが現実に行われる可能性を検討し始めている。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月