最新記事

音楽

ヒット曲を作り出す方程式

Dancing to The Music

2018年6月6日(水)17時00分
メーガン・バーテルズ

テイラー・スウィフト(中央)のような女性の力強いダンスナンバーも人気が高い Kevin Mazur/GETTY IMAGES FOR TAS

<過去30年の50万曲を数学的に解析すると、75%の精度でヒットするかどうかを予測することができた>

テイラー・スウィフトはヒット曲の作り方を熟知している。「シェイク・イット・オフ」のミュージックビデオでも、「私の中から音楽が聞こえてくる/これでいいんだよ、って」と歌いながら軽快に踊る。

売れそうなメロディーが誰にでも空から降ってくるとはいかないが、ヒットの法則というものがあるのだろうか。カリフォルニア大学アーバイン校の研究チームは数十万曲を数学的に解析し、英王立協会のオープン・サイエンス誌に論文を発表した。

「私のティーンエージの娘が聴いている曲は、私が同じ年頃に聴いていた曲とかなり違う」と、論文の共同執筆者でライフサイエンスが専門の数学者ナタリア・コマロバ教授は言う。「音楽は明らかに進化している」

コマロバたちは85~2015年の30年間にイギリスでリリースされた50万曲のデータベースを分析。シングルチャートのトップ100に入ったものを「成功」したヒット曲と定義した。

最も顕著な特徴の1つは、踊りやすい曲だ。例えば14年にリリースされたヒット曲は、スウィフトの「シェイク・イット・オフ」のほか、シーアの「シャンデリア」やメーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース」もダンスにぴったり。ほかにも幸せな曲、エレクトロニック音楽、インストゥルメンタル、男性ボーカルなどの特徴がみられる。

ただし、論文は残念な傾向も指摘する。この30年間で「幸せな曲」「明るい曲」は減り、「悲しい曲」が増えているのだ。さらに、男性が歌うヒット曲も減っている。

「(売れる音楽と売れない音楽は)まるで生物学的に異なる種のようだ」と、コマロバは言う。

この数学的な発見は、ヒットの法則につながるのだろうか。コマロバたちは音楽的な特徴をアルゴリズムに取り入れて機械学習を用いたところ、75%の精度でヒットするかどうかを予測することができた。

音楽を純粋に愛する人にはうれしい話だろう。ヒットするかどうかはアーティストの名前や大金をつぎ込んだマーケティングだけでなく、大部分が音楽的な特徴で決まっていたからだ。

「とても前向きな発見だ」と、コマロバは言う。「肝心なのは音楽そのものだ」

[2018年6月 5日号掲載]

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

米大統領「北朝鮮で完全な非核化開始」、当局者は確認

ワールド

日本、韓国をWTO提訴 ステンレス関税巡り

ワールド

障壁設ける貿易相手国、一段と苦痛味わう環境必要=米

ビジネス

ドル、11カ月ぶり高値から下落 ポンドは中銀会合受

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘…

  • 10

    米国、不法移民の親子を一緒に収容へ トランプが大…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 7

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 8

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 9

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 8

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月