最新記事

地球温暖化

EU、2030年までに再生可能エネルギー32%に 温暖化対策で新ルール制定

2018年6月21日(木)15時00分

6月20日、欧州連合(EU)は、2030年までに再生可能エネルギーの比率を32%に引き上げ、エネルギー全体の効率を32.5%改善するという目標を掲げた新ルールをまとめた。写真はヨーロッパ最大の火力発電所、ベウハトゥフ発電所の煙突からのびる煙。2009年5月にポーランドで撮影(2018年 ロイター/Peter Andrews)

欧州連合(EU)は20日、2030年までに再生可能エネルギーの比率を32%に引き上げ、エネルギー全体の効率を32.5%改善するという目標を掲げた新ルールをまとめた。

EUは地球温暖化対策の国際的枠組みであるパリ協定に基づき、2030年までに温室効果ガスの排出量を1990年の水準から40%削減することを目指しており、EU加盟国は各国の実行計画を策定する必要がある。

2021年以降のエネルギー効率および再生可能エネルギーに関する新目標と実施状況を監視するルールの策定に向けた欧州議会とEU加盟国との話し合いは数カ月に及んでいた。

環境団体や環境問題意識が高い政策関係者からは今回の新ルールではパリ協定の目標を達成することは依然として難しいとの声が出ていたが、排出量削減に向けた取り組みによる経済への影響を懸念した加盟国が抵抗したという。

環境を重視する議員は「気候に関する義務を達成したいのなら、いつかは新ルールを強化する必要がある」と述べた。

今回の新ルールには2023年に目標の上方修正を可能とする条項が付与されている。

トムソン・ロイターのアナリストは、再生可能エネルギーの目標変更によって、EU域内排出量取引制度(ETS)における炭素価格が将来的に影響を受ける可能性があると指摘。発電における再生可能エネルギーの使用拡大によって電力部門の炭素排出量が減少し、ETSにおける排出量取引の需要低下が見込まれるとし、2030年の1トン当たり炭素価格予想を6ユーロ引き下げ29ユーロとした。

[ブリュッセル 20日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月