最新記事

利益相反

トランプ父娘、中国ビジネスで甘い汁──ZTEへの制裁緩和には米議会も反発

2018年5月29日(火)17時30分
ジェシカ・クウォン

トランプもトランプの長女イヴァンカも習近平のコネを使いまくり? Leah Millis-REUTERS

<習近平とのコネがあるトランプ父娘にとって対中ビジネスは思うがまま。お返しにトランプは対北朝鮮禁輸を破ったZTEへの制裁緩和に同意した。これが、トランプの大統領就任当初から危惧されていた利益相反だ>

ドナルド・トランプ大統領の長女イヴァンカの会社が中国政府に申請していたファッション・ブランド「イヴァンカ・トランプ」などの複数の商標登録が、5月に入って承認された。トランプが、中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)の経営を助けるため、制裁緩和を行うと発表したのとほぼ同時だった。

政治とお金の問題を監視する団体「ワシントンの責任と倫理を求める市民(CREW)」は5月25日に公式サイトで、イヴァンカ・トランプ・マークスLLCが中国政府に申請していた赤ちゃん用ブランケットやバスマット、布地などの商標登録が5月7日付けで承認を受けたことを明らかにした。

「倫理的に問題があると思われるトランプ一族と中国とのつながりが明らかになったのはこれが初めてではない」とCREWは述べ、トランプが5月13日付けツイートで、ZTEが「早急に事業を再開できるよう」中国の習近平国家主席とともに取り組んでいる、と書いたことを指摘した。

AP通信は、中国商標局の記録にもとづいて、中国は5月27日までの3カ月間で、イヴァンカ・トランプの会社の商標登録を13件も承認していると報じた。

CREWは公式サイト上で、「イヴァンカは、自分の会社と利益相反の可能性があるにもかかわらず、大統領補佐官として合衆国を代表し、さまざまな外交行事に出席している」と指摘。「イヴァンカは、利益相反を防ぐためと言って会社の社長ポストからは身を引いたが、利益の配分は受け取り続けている」

見え見えのタイミング

CREWによれば、イヴァンカ・トランプ・マークスLLCが、多数の商標登録を申請したのは2017年3月のこと。翌月、中国の習近平国家主席がトランプの別荘「マールアラーゴ」を訪れたときにイヴァンカがは夕食をともにし、その日のうちに3件の商標について仮承認を受けている。

イヴァンカの会社は、劣悪な環境の中国の工場で労働者を安く働かせていると批判を受けている。そしてトランプが今年に入って中国からの輸入品に高関税を課したときも、イヴァンカの会社の提携先工場は関税を免除された。

また、北朝鮮とイランへの禁輸措置に違反してアメリカからの部品輸出禁止などの制裁を受け、経営危機に陥っていた中国ZTEに対しては、習近平と相談の上、トランプが5月25日、制裁緩和を決めた。これには米下院の民主党議員が反発、倫理上の問題があるのではないかと、連邦政府に調査を求めた。

トランプが制裁緩和を決定する直前には、インドネシアのテーマパーク建設プロジェクトに中国政府が5億ドルの貸し付けを認めた。このテーマパークには、トランプ・ブランドのホテルやゴルフ場が併設されることになっている。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

米大統領選、バイデン氏の民主候補指名が確定 必要な

ワールド

ブラジル大統領、WHO脱退検討を表明 政治的偏向に

ワールド

焦点:ネット企業めぐり大統領令、トランプ氏は何を変

ワールド

焦点:コロナ収束で消える「感染地帯」、ワクチン開発

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 9

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 10

    「ドイツの黒人はドイツ人とは認められない」 ベルリ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 10

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月