最新記事

中東

カメラマンが見たガザ衝突 「朝、友人に挨拶し、夜は彼の葬儀に出た」

2018年5月17日(木)14時33分

5月14日、ロイターのカメラマンがパレスチナ自治区ガザで行われた抗議行動の取材に出発したとき、車いすの知人と行き会ったという。写真はガザの境界付近で、イスラエル軍の催涙ガスなどから逃げるパレスチナ人抗議活動参加者(2018年 ロイター/Ibraheem Abu Mustafa)

ロイターのカメラマンが14日朝、パレスチナ自治区ガザで行われた抗議行動の取材に出発したとき、車いすの知人と行き会ったという。

「今朝、彼に『やあ』とあいさつした。その日の終わりには、彼の葬儀に出席していた」と、ロイターカメラマンのイブラヒーム・アブムスタファ記者は振り返る。

35年間に及ぶプロカメラマンとしてのキャリアの半分近くをガザのような狭い地域の取材に費やしてきた同記者にとって、こうした場面は、日常と職業が交差する瞬間だ。

ガザは、彼が暮らす場所であり、取材対象でもある。

14日はイスラエル軍の発砲によって50人以上のパレスチナ人が死亡。ガザにとっては、ここ数年で最も多くの死傷者が出た日となった。ガザのパレスチナ人は、境界の反対側にあるイスラエルが占領する先祖の土地への帰還を求め、6週間にわたる抗議活動を行っていた。

「今の起きていることに動揺している。だが同時に、自分の仕事はやり続ける」と、アブムスタファ記者は語る。

「自分の仕事と感情を分けなければならない。ある出来事を取材したら、その翌日にも同じような出来事が起きて、それを取材する。そのために、発生する出来事や状況に耐えられるような心構えを身につけた」

時に繰り返されるガザでのニュース展開も、彼の助けになっている。長年に及ぶ慎重な観察おかげで、これからどこで何が起きるのか、どこに立てば巻き込まれることなく、危険な現場取材を遂行できるかが、彼には分かるのだという。

「催涙ガスが着弾した瞬間、デモ参加者が反応することが分かる。それまで私に背を向けていた彼らが、こちらに顔を向けてくる。(催涙)ガスは白くて、特徴ある形で広がる。そこにタイヤが燃える黒い煙が混じると、白と黒のミックスになり、力強い写真が撮れる」

「私はこの場所を、死の場所と呼んでいる。ここには死がある。快適さはみじんもない。いつ何時、だれかが死んでもおかしくないのだ」と同記者は語った。

[ガザ 14日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

カタールが対トルコ投資約束、リラ高後押し 米国は関

ビジネス

米国株式は下落、軟調な企業決算や貿易懸念で

ビジネス

ドルが一時1年1カ月ぶり高値、人民元は約1年半ぶり

ワールド

米政府、トルコの報復関税を批判 米国人牧師解放でも

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    アンコール・ワットは、夏に行ってはいけない

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月