最新記事

シンガポール

初の米朝首脳会談の開催地シンガポール なぜ選ばれた? 会談の行方は?

2018年5月15日(火)17時45分
大塚智彦(PanAsiaNews)


会談場所の有力候補は2つのホテルか

シンガポールで米朝首脳会談の開催場所として有力視されているのが繁華街オーチャード通りに近いものの周囲を高級高層住宅に囲まれた「シャングリラ」ホテルとウォーターフロントに建つ最上階が船型のプールで有名な「マリーナベイサンズ」ホテルである。

このうち「シャングリラ」は過去に国家元首級のVIPが何度も宿泊し、国際会議開催の実績があるほか、アクセスが限られるため警備上好都合とされている。

「シャングリラ」の正面玄関に至るには表ゲートと裏ゲートがある。このうち裏ゲートは散歩道の延長で階段でしか接近できないため、この裏ゲートを閉じれば人と車両のアクセスは正面1か所に絞られ、警備する側からすれば好都合である。

さらに「シャングリラ」は過去に国際社会での歴史的会談の場を提供してきた「実績」もある。2015年には中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総督が初の会談を行ったほか、1993年には初の中台接触となった中国海峡両岸関係協会の汪道涵会長と台湾海峡交流基金の辜振甫理事長が会談したのも「シャングリラ」だった。

一方の「マリーナベイサンズ」ホテルは現在の観光立国シンガポールを代表するホテルといえる。ただ、アクセスの問題やチェックアウト時には30分待ちともいわれるエレベーターの混雑、ホテルそのものが観光地化していて、宿泊客以外の中国人観光客や東南アジアの観光客が多数うろついていることなどがマイナス点ではないかといわれている。

海外メディアによると「シャングリラ」「マリーナベイサンズ」の両ホテルは首脳会談が予定される6月12日はすでにオンラインでの予約が不可能な状態になっているという。

それがすでに予約で一杯なのか、会談を想定して一般客を締め出すためなのかはわからない、という。両ホテルともに「特にシンガポール政府からの(首脳会談について)特段の指示はない」としているが、真相は不明だ。

また両ホテル以外には、リー・シェンロン首相が大統領宮殿を提供する用意があると以前発言していたことから、大統領宮殿も候補のひとつという報道も出ている。

ニュース速報

ビジネス

英新車販売台数、5月は89%減 1952年以来の低

ビジネス

カーニバル傘下プリンセス・クルーズ、一部運航休止を

ワールド

米国は今後も報道の自由尊重すると期待=英外相

ワールド

香港立法会、国歌条例を可決

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月