最新記事

ロシア

プーチン政権批判のロシア人記者射殺──ウクライナ首都キエフで2人目

2018年5月30日(水)17時50分
ジェーソン・レモン

射殺されたバブチェンコのアパート前に集まった警察車両(5月29日、キエフ) Gleb Garanich –REUTERS

<プーチン政権に批判的なジャーナリストがまた殺された。ロシアの情報機関の仕業なのか?>

5月29日、ウクライナの首都キエフでロシア出身のジャーナリストが射殺された。殺害されたアルカディ・バブチェンコ(41)は、プーチン政権を激しく批判する反政府派として有名な存在だった。

地元紙の報道によれば、バブチェンコはキエフの自宅アパートで背中から銃撃を受けた。浴室にいた彼の妻が床に倒れて血を流している夫を発見し、警察に通報。救急チームによって病院に搬送されたが、到着前に死亡した。

ウクライナ警察はまだ容疑者を特定していないが、殺害の原因は「被害者の仕事」ではないかとみる。バブチェンコは戦場ジャーナリストとして名を上げ、ロシアと対立するウクライナ政府を公然と支持していた。2017年2月に命の危険を感じてロシアを出国して亡命先のウクライナに住んでいた。

殺された反体制ジャーナリスト、バブチェンコ(41)


欧州安全保障協力機構(OSCE)で「メディアの自由」担当代表を務めるフランスの政治家アルレム・デジールは、このニュースに「おののいた」とツィッターに投稿。「ただちに徹底的な調査を行うよう、ウクライナ当局に要請した」と述べた。

ウクライナの内務省顧問アントン・ゲラシチェンコは、「ロシアとウクライナについての真実を伝えようとする人々を排除するロシア情報機関」が捜査の焦点になる、と英ガーディアン紙に語った。

階段で待ち伏せし背後から撃つ

ゲラシチェンコはまた、バブチェンコ殺害の詳しい状況を説明した。犯人はアパート内の階段で待ち伏せし、パンを買うために部屋から出たバブチェンコを背後から撃ったという。

ロシア政府幹部は責任をウクライナ政府に転嫁し、ジャーナリストを保護する能力もないと非難した。「ウクライナは危険な国だ」と、ロシアのエフゲニー・レベンコ議員は述べた。「政府は基本的な人権を守ることもできない」

バブチェンコは、ロシアの政策や軍事行動を批判してきた。2014年にロシアがウクライナのクリミアを併合したときはプーチン政権を痛烈に批判した。ロシアが、ウクライナからの独立を願う親ロ派武装勢力を軍事支援していることも非難した。シリアへの軍事介入にも反対していた。

彼の記事に対しては、一般ロシア国民からの批判も多かった。なかでも物議を醸したのは2016年12月に起きた軍用機墜落の記事。ロシア軍の赤軍合唱団のほぼ全員が死亡したことに悲しみも感じないと書いた。ロシアの誇りでもある同合唱団は、シリアに派遣されたロシア軍の慰問に向かう途上だった。

キエフで殺害された独立系ジャーナリストはバブチェンコが初めてではない。2016年には、調査報道で高く評価されていたベラルーシ出身の著名ジャーナリスト、パーベル・シェレメトが自動車に仕掛けられた爆弾で殺されている。シェレメトは頻繁に、ベラルーシ、ロシア、ウクライナの政府関係者を批判していた。

(翻訳:栗原紀子)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 4

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 5

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 6

    日本政府、韓国サムスン向け半導体材料の輸出を再び…

  • 7

    乳がん細胞を脂肪細胞に変えることに成功:バーゼル…

  • 8

    「香港鎮圧」を警告する中国を困惑させる男

  • 9

    香港デモで資産価値の5分の1が吹き飛び、キャセイ航…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    世界が知る「香港」は終わった

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 9

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月