最新記事

ロシア

プーチン政権批判のロシア人記者射殺──ウクライナ首都キエフで2人目

2018年5月30日(水)17時50分
ジェーソン・レモン

射殺されたバブチェンコのアパート前に集まった警察車両(5月29日、キエフ) Gleb Garanich –REUTERS

<プーチン政権に批判的なジャーナリストがまた殺された。ロシアの情報機関の仕業なのか?>

5月29日、ウクライナの首都キエフでロシア出身のジャーナリストが射殺された。殺害されたアルカディ・バブチェンコ(41)は、プーチン政権を激しく批判する反政府派として有名な存在だった。

地元紙の報道によれば、バブチェンコはキエフの自宅アパートで背中から銃撃を受けた。浴室にいた彼の妻が床に倒れて血を流している夫を発見し、警察に通報。救急チームによって病院に搬送されたが、到着前に死亡した。

ウクライナ警察はまだ容疑者を特定していないが、殺害の原因は「被害者の仕事」ではないかとみる。バブチェンコは戦場ジャーナリストとして名を上げ、ロシアと対立するウクライナ政府を公然と支持していた。2017年2月に命の危険を感じてロシアを出国して亡命先のウクライナに住んでいた。

殺された反体制ジャーナリスト、バブチェンコ(41)


欧州安全保障協力機構(OSCE)で「メディアの自由」担当代表を務めるフランスの政治家アルレム・デジールは、このニュースに「おののいた」とツィッターに投稿。「ただちに徹底的な調査を行うよう、ウクライナ当局に要請した」と述べた。

ウクライナの内務省顧問アントン・ゲラシチェンコは、「ロシアとウクライナについての真実を伝えようとする人々を排除するロシア情報機関」が捜査の焦点になる、と英ガーディアン紙に語った。

階段で待ち伏せし背後から撃つ

ゲラシチェンコはまた、バブチェンコ殺害の詳しい状況を説明した。犯人はアパート内の階段で待ち伏せし、パンを買うために部屋から出たバブチェンコを背後から撃ったという。

ロシア政府幹部は責任をウクライナ政府に転嫁し、ジャーナリストを保護する能力もないと非難した。「ウクライナは危険な国だ」と、ロシアのエフゲニー・レベンコ議員は述べた。「政府は基本的な人権を守ることもできない」

バブチェンコは、ロシアの政策や軍事行動を批判してきた。2014年にロシアがウクライナのクリミアを併合したときはプーチン政権を痛烈に批判した。ロシアが、ウクライナからの独立を願う親ロ派武装勢力を軍事支援していることも非難した。シリアへの軍事介入にも反対していた。

彼の記事に対しては、一般ロシア国民からの批判も多かった。なかでも物議を醸したのは2016年12月に起きた軍用機墜落の記事。ロシア軍の赤軍合唱団のほぼ全員が死亡したことに悲しみも感じないと書いた。ロシアの誇りでもある同合唱団は、シリアに派遣されたロシア軍の慰問に向かう途上だった。

キエフで殺害された独立系ジャーナリストはバブチェンコが初めてではない。2016年には、調査報道で高く評価されていたベラルーシ出身の著名ジャーナリスト、パーベル・シェレメトが自動車に仕掛けられた爆弾で殺されている。シェレメトは頻繁に、ベラルーシ、ロシア、ウクライナの政府関係者を批判していた。

(翻訳:栗原紀子)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月