最新記事

韓国事情

資源ごみをめぐって混乱が深まる韓国

2018年4月12日(木)17時10分
佐々木和義

資源ごみをめぐって混乱が深まる韓国 ARIRANG NEWS-Youtube

<韓国では、リサイクル業者がごみ回収を中断し、資源ごみをめぐって混乱が長期化する懸念が広まっている>

韓国首都圏のマンションで、資源ごみを巡って混乱が起きている。資源ごみの回収を請け負うリサイクル業者が、ビニール製品と発泡スチロール製食品トレーなどのごみ回収を中断しているのだ。

中国が資源ごみの輸入を停止

韓国のリサイクル業者は国内で回収した資源ごみの多くを中国に輸出してきたが、2017年7月、中国が世界貿易機関(WTO)などに、プラスチック、ビニール、繊維、金属など24品目の資源ごみの輸入を禁止すると通知し、2018年1月から発効した。

ヨーロッパ等の国々は新たな輸出先の確保に動き、東南アジアなどの新市場を開拓した。出遅れた韓国は新たな輸出先を見出せない状況が続き、採算が悪化したリサイクル業者が4月1日からビニール製品と発泡スチロールを回収しないとマンション管理事務所などに通知したのだ。

ソウル市は、資源ごみを出さないよう入居者に伝えたマンション管理事務所などに対して、資源ごみを回収しないのは違法であると説明。洗ったビニールと白色の発泡スチロールを回収するよう指導しているが、ビニールと発泡スチロールに加えてペットボトルも回収を拒絶するリサイクル業者が現れるなど混乱が広がっている。

世界有数のごみ排出国

韓国で1年間に排出される資源ごみは、国民1人あたり使い捨てカップ510個、ビニール袋は420枚で、包装用プラスチックは62キロに及んでいる。

大手スーパーや百貨店の食品売場の買い物袋は有償だが、自治体の指定ごみ袋の要件を満たす買い物袋は割高で、安価な袋はごみ袋として利用することはできない。

コンビニや在来市場で無償提供される買い物袋も要件を満たさず、買い物袋のほとんどはごみとして廃棄される。ビニール袋を捨てるためにビニール袋を購入して使用する。

また、近年ブームのカフェで提供されるコーヒーは使い捨ての紙コップが主に使われ、ペットボトルに入ったミネラルウォーターを利用する人が増えているのも資源ゴミが増えている理由の一つだろう。出前はプラスチック容器に入れられ、使い捨ての箸やスプーンとともに届けられる。簡易包装は好まれず、贈答品など中身に比べて外装が豪華な過剰包装も珍しくない。

輸出が減ったいっぽうで輸入量は急増

2018年1〜2月の廃プラスチックの輸出量は1万625トンで、前年同期3万5421トンの3分の1にとどまっているが、輸入は前年同期3814トンの3倍を超える1万1930トンに増加した。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

オアシス、NECの応募差し止めを申し立て 航空電子

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足

ビジネス

マイナス金利解除4月は時期尚早、中小賃上げ見極め必

ビジネス

中国企業、IPO計画中止相次ぐ 規制強化で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中