最新記事

韓国

朴槿恵に懲役24年の判決、韓国歴代大統領の哀しき末路

2018年4月12日(木)16時20分
ソフィア・ロット・パーシオ

朴槿恵の有罪判決に抗議する支持者の人たち Kim Hong-Ji-REUTERS

<韓国初の女性大統領に、収賄や職権乱用などの罪状で懲役24年の判決が下されたが、韓国では歴代大統領が退任後に汚職容疑で逮捕されるのがお決まりのパターン>

ソウル中央地裁は4月6日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領に懲役24年の判決を下した。判決の言い渡しはテレビで生中継(勾留の続く朴は出廷拒否)。韓国初の女性大統領は収賄や職権乱用、強要などで有罪とされ、180億ウォン(約18億円)の罰金も科された。

朴はスキャンダルの中心人物だった親友の崔順実(チェ・スンシル)に政策の助言を求めたことを謝罪したが、違法行為については否定。弁護団は控訴する計画だ。裁判所の前では、約1000人の支持者が有罪判決に抗議した。

父親の朴正熙(パク・チョンヒ)は軍事クーデター後の63年に大統領就任。79年に暗殺された。娘の朴は民主的に選ばれた指導者で初めて、弾劾で失職した大統領となった。

ただし、韓国大統領の転落劇は今回が初めてでは決してない。初代大統領の李承晩(イ・スンマン)は60年にハワイへ亡命。朴の父と同じくクーデターで権力を握り、80年に大統領に就任した全斗煥(チョン・ドゥファン)は、後継者の盧泰愚(ノ・テウ)と共に民間人虐殺の責任と汚職の罪を問われ、一審では全は死刑、盧は懲役22年半の判決を受けた。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)は大統領退任後の09年、収賄容疑の捜査の過程で自殺した。朴槿恵の前任者だった李明博(イ・ミョンバク)も、今年3月23日に収賄などの容疑で逮捕され、4月9日に起訴された。

韓国の汚職は政府高官と経済を牛耳る財閥の癒着が原因だ。昨年5月に就任した文在寅(ムン・ジェイン)現大統領は「清らか」なままでいられるのか。文は清廉潔白な人物だけを閣僚に起用すると誓約したが、この約束を実現するのが難しかったため、何人かの閣僚の任命が遅れた。

文は今のところ高支持率を保ち、クリーンさでも高く評価されている。韓国大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は、朴の有罪判決を受けて次のようなコメントを発表した。「過去を忘れる者は過去を繰り返すと言われる。私たちは今日という日を忘れない」

[2018年4月17日号掲載]

20201006issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月6日号(9月29日発売)は「感染症vs国家」特集。新型コロナに最も正しく対応した国は? 各国の成功例と失敗例に学ぶ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

東芝がシステムLSI事業から撤退、米中摩擦続いても

ビジネス

NTT、ドコモ完全子会社化へTOB 1株3900円

ワールド

訂正-韓国、コロナ新規感染者の減少続く 当局は連休

ワールド

独政府の短時間労働制度、9月の対象者数は370万人

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 8

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月