最新記事

スパイ

英メイ首相、元スパイ毒殺未遂「ロシアによる英国への武力行使」

2018年3月13日(火)15時37分

3月12日、メイ英首相は、英南西部ソールズベリーで今月、元二重スパイのロシア人男性とその娘が軍用神経剤にさらされ、意識不明の状態で発見された事件にロシア政府が関与している可能性が「極めて高い」との見方を示した。写真は5日、ロンドンで講演する同首相。代表撮影(2018年 ロイター)

メイ英首相は12日、英南西部ソールズベリーで今月、元二重スパイのロシア人男性とその娘が軍用神経剤にさらされ、意識不明の状態で発見された事件にロシア政府が関与している可能性が「極めて高い」との見方を示した。

首相は議会で、ロシアが神経剤を使った襲撃に直接関与したか、神経剤が他者の手に渡ることを容認したかのどちらかだと述べた。

英政府はロシア政府に対し、13日夜までに神経剤の用途について説明するよう求めている。メイ首相は、14日にロシア側の返答について詳細に検討すると述べた。

メイ首相によると、英当局者は事件で使用された神経剤が1970─80年代に旧ソ連軍が開発した神経剤「ノビチョク」だったと特定した。

ロシアと英国の二重スパイだったセルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリア・スクリパリ氏(33)は今月4日に意識不明で見つかった後、現在も重体で入院している。

メイ首相は「信用できる返答がない場合、今回の事件をロシアによる英国への違法な武力行使に値すると結論付ける」と発言。襲撃は「無謀で卑劣だ」と非難した。

首相はまた、英国は従来よりも「はるかに幅広い措置」をロシアに対して講じる用意があると述べた。

ロシア外務省はすぐに反論し、メイ首相の発言は政治的な動機に基づくものだと主張した。

一方、ティラーソン米国務長官は、米政府はロシアが関与した可能性が高いとする英政府の見解を「十分信頼している」と表明。「犯罪を実行した人物もそれを指示した人物も重大な結果に向き合う必要があるとの見解に同意する」とした。

これに先立ち、ホワイトハウスのサンダース報道官は、米国は「最も緊密な同盟国」を支援すると表明したが、この事件を巡りロシアの責任を追及することはなかった。

[ロンドン 12日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

EU、米国が自動車関税引き上げなら対抗=欧州委副委

ワールド

トルコ大統領選・議会選、エルドアン氏と与党・AKP

ワールド

OPEC非加盟国も増産に合意、規模は不透明

ワールド

焦点:大統領選控えたトルコ、苦難にあえぐ金融市場の

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 2

    ゲノム編集で生まれた「スーパーピッグ」の肉、数年内にイギリスで市販か

  • 3

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 4

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 5

    ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛え…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    パレスチナ映画『ガザの美容室』にイスラエルが出て…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月