最新記事

アメリカ政治

銃規制のためには政治から立て直す、100万人集めた米高校生の驚くべき成熟度

2018年3月26日(月)20時00分
マーク・ジョセフ・スターン

高校3年生のジオン・ケリーは去年9月、双子の兄が射殺された事件について語った。「毎日、登下校が恐ろしくてたまらないみんなの代表です」とケリーは語り、ワシントンでは19歳未満の若者がこの1月だけで6人も射殺されたと言った。

涙をこらえながら、彼は演説をこう締めくくった。「僕の名前はジオン・ケリー。皆と同じで、もうたくさんだ」

でも何がたくさんなのか? たしかに銃撃はもうたくさんだ。でもそれだけではない。救いを求める地域の声に耳を貸そうともしない政治家ももうたくさん。問題に向き合う勇気もないくせに、解決不可能な問題なのだ、と逃げを打つ議員たちもたくさん。大人になればわかる、とあしらわれるのも、もうたくさんだ。

「分断されてたまるか」

それがはっきり伝わってきたのが、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生存者で運動のリーダー、デービッド・ホッグの発言だ。自分に世界を変える力があると思い至ったのだろう(それはたぶん間違ってはいない)。こうした場で話すのが初めてなのがよく分かる、簡潔だが大げさな言葉遣いで緊張気味の彼はこう言った。




「今日は春の始まりの日であり、明日は民主主義の始まりの日です。今こそ団結する時です。でもそれは民主党員や共和党員としてではありません。アメリカ人としてです。アメリカ人は同じ血の通った人間であり、同じ1つのこと、1つのことだけを心にかけます。それはこの国の、そして国を引っ張っていく子供たちの未来です。今、私たちを年齢で分断しようという動きがあります。宗教で、人種で、選挙区で、階層で分断しようという動きがあります。でもそんな試みは失敗するでしょう。私たちは団結できるはずです」

政治を超越するというホッグの宣言は、最初は眉唾ものに聞こえるかも知れない。「命のための行進」の掲げる政策プランは民主党支持層からは支持されているが、共和党支持層からは支持されていない。そもそも銃危機と呼ぶべき今の事態を招いた罪は、主として共和党にあることは誰でも知っている。

だがホッグは、いわゆる超党派の政策合意といったきれい事を説いているわけではない。民主党に共闘を呼びかけているのでもない。彼が望んでいるのは、議論のあり方を根本から変えることだ。民主党支持者が、ひいては共和党支持者たちも、自らを変える以外に選択肢がないような形で。

【関連記事】
>銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙。この男に心はあるのか?
>銃乱射を阻止するには教師も銃をもつべきだ?
>今回は違う──銃社会アメリカが変わり始めた理由

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 2

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 7

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月