最新記事

アメリカ政治

銃規制のためには政治から立て直す、100万人集めた米高校生の驚くべき成熟度

2018年3月26日(月)20時00分
マーク・ジョセフ・スターン

同じくマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で事件に遭遇したキャメロン・キャスキーはこう言った。「私たちに黙って座っていろ、自分の順番が来るまで待っていろと言った指導者の皆さん、私たちを疑いの目で見たり、どうせ何もできないと冷めた目で見たみなさん、革命にようこそ。国民の意見を代弁できないなら出て行ってください」

生徒たちは民主主義を立て直さない限り、アメリカの銃危機を解決できないことを認識している。3月24日の集会で、彼らは投票権の重要性について語った。投票する権利が保障され、公平に代表が選ばれなければならないと訴えた。

マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒たちを別にすると、銃暴力の被害に遭った子供たちが地元議員と直接対決する機会はめったにない。なぜなら議員の側は、子供の言うことなど無視しても誰にもとがめられないと思っているからだ。

選挙区の形が政治の都合でゆがめられたり、民意が反映されないような形になっていることも珍しくない。銃ロビー団体の議会に対する巨大な影響力は民主主義をゆがめている。アメリカ人の中には選挙権が危険にさらされていることに無感覚だったり、自分の投じる票の力に懐疑的になっている人もいるかも知れない。だが生徒たちは、民主主義をあきらめてはいない。

悲観主義と偏見と無為はもうたくさん

銃乱射世代が引き継いだのは混沌としたアメリカだ。3月24日のデモが悲惨な銃乱射事件がきっかけで盛り上がったとしても、主催者たちは歩みを止める気はない。

ドナルド・トランプ大統領はどの州でも若者たちから嫌われているが、トランプがアメリカの目下の危機の原因であり症状でもあることを彼らは理解している。

この国を今よりもいい形で残すには、ティーンエージャーが投票でトランプを追い出し、銃乱射を終わらせるだけでは足りない。民主主義を立て直し、銃暴力の犠牲者の声が、人種や地域の壁を越えて届くようにしなければならない。

その点、明るい兆しは見えている。生徒たちには覚悟ができているからだ。マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生存者たちは、悲観主義と偏見と無為が何をもたらすかをその目で見ている。そんなものはもうたくさんだろう。

(翻訳:村井裕美)

© 2018, Slate

ニュース速報

ワールド

米下院民主党、2.2兆ドルのコロナ経済対策を策定中

ビジネス

米フェイスブックの独立監視委が10月始動へ、投稿削

ワールド

英、コロナ「ヒトチャレンジ」治験実施へ 来年1月か

ワールド

ブラジル大統領支持率が上昇、緊急手当て支給など評価

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 7

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 8

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月