コラム

今回は違う──銃社会アメリカが変わり始めた理由

2018年03月06日(火)15時50分
今回は違う──銃社会アメリカが変わり始めた理由

フロリダ州議会で州上院議員たちと話すマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒。事件で亡くなった友人の写真を掲げている(2月21日) Colin Hackley-REUTERS

<フロリダ州で起きた高校銃乱射事件。悲惨な事件がいくら繰り返されても変わらなかったアメリカ社会が、若者の力で動きだした。本誌3月13日号「アメリカが銃を捨てる日」特集より>

はっきり言おう。あなたと大統領のこの1週間のコメントは、情けないくらい説得力がない──。

バレンタインデーに起きたフロリダ州のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件。生徒14人を含む17人が犠牲となった事件の1週間後、同校から車で20分ほど南に行った所にある町サンライズで、CNN主催の対話集会が開かれた。

地元選出の3人の議員と郡保安官、そして全米ライフル協会(NRA)の広報担当者が招かれた会場には、フロリダじゅうから数千人の高校生や保護者が詰め掛けた。そこでCNNの司会者は、全犠牲者の遺族代表に議員らゲストに質問する機会を与えた。

14歳の娘ジェイミーを失った父親フレッド・ガッテンバーグは、2番目の質問者だった。観客席に座っていたガッテンバーグは、マイクを持って立ち上がると、マルコ・ルビオ連邦上院議員を質問相手に指名した。ルビオは3人の議員の中で唯一の共和党議員で、16年の米大統領選では共和党の大統領候補指名争いに名乗りを上げたこともある有力議員だ。

「ルビオ議員、あなたの開会スピーチを聞きました。ありがとうございます。あなたのことを好きになれたらいいのですが、問題があります」。そう言うと、ガッテンバーグは冒頭の言葉を述べた。「あなたと大統領のコメントは、情けないくらい説得力がない」

たちまち会場は割れるような大喝采に包まれた。「そのとおりだ!」

人々は次々と立ち上がり、歓声はどんどん大きくなる。ルビオは顔を青白く引きつらせ、もじもじと体を左右に揺らすばかり。そこでガッテンバーグは、畳み掛けるように言った。「私の目を見て言ってください。私たちの子供たちが『狩り』に遭った事件で、銃が大きな役割を果たした、と。私の目を見てそのことを認めて、なんらかの手段を講じると言ってください」

再び大喝采が起きた。ルビオは何度かうなずいた後、「フレッド、まずは先週のコメントについて説明させてほしい」と、口を開いた。「繰り返すが......」。今度は、会場は激しいブーイングと非難の声に包まれた。あまりのやじに、司会ではなくガッテンバーグが、「(ルビオの話を)聞きましょう」と聴衆に呼び掛けたほどだ。

娘の葬式を終えたばかりの父親が、込み上げる感情を必死で抑えながら、大物議員にストレートな質問をぶつけたのに対して、真剣に耳を傾けているそぶりをしつつ実際には全く態度を変えない政治家。それを目ざとく見破り、政治家を徹底的に批判する市民。それは実に胸のすく光景だった。ルビオがNRAから300万ドル以上の政治献金を受けていることを考えると、なおさらだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと―…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!