最新記事

日本社会

給料が最低レベルの保育士を支えるのは「やりがい感情」

2018年2月8日(木)15時30分
舞田敏彦(教育社会学者)

保育士や介護士を支えているのは仕事のやりがい maroke-REUTERS

<保育の現場の人手不足が言われて久しいが、保育士の給料は依然として全業種で比較すれば最低レベル。月額3000円の給与増額は「焼け石に水」でしかない>

認可保育所の選考結果の通知が届き、今年も各地で落選の悲鳴が上がっている。共働き世帯の増加により、保育所への需要は高まっているが、供給がそれに追いつかず、希望しても入れない「待機児童問題」は一向に解消していない。

保育所を増やすには「土地・建物・ヒト」が必要だが、確保に難儀しているのは「ヒト」だ。保育士を確保できず、定員を増やせないでいる保育所は数多くある。なぜ保育士が集まらないかといえば、それは仕事の割に合わない薄給だからだろう。

2016年の厚労省『賃金構造基本統計』によると、保育士の諸手当込の月収は22.3万円で、これの12倍に年間賞与額を足した年収にすると326.7万円だ。年収を計算できる129の職業の中では103番目で、保育士の収入が低いことが分かる。これは公立の保育所に勤務する保育士を含む数値で、私立の保育所に限ればもっと低くなる。

横軸に労働者の平均年齢、縦軸に推定年収をとった座標上に129の職業を配置すると、<図1>のようになる。職業別の年収の比較図だ。

maita180208-chart01.jpg

上位3位は、航空機操縦士(パイロット)、医師、大学教授で、年収が1000万円を超える。数年前は弁護士も入っていたが、供給過剰で稼げない弁護士も増えているためか最近は平均年収がかなり下がっている。

保育士の年収は全職業の平均を下回り、年齢が同じくらいの職業の中で最も低い。介護士(福祉施設介助員)もそうだ。共働き化・高齢化の進行で需要が増している職業の待遇が、すこぶる悪い状況にある。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 2

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 7

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月