最新記事

動物

猫の利き手は性別で決まる? 利き手を探る調査で判明

2018年1月26日(金)19時00分
松丸さとみ

猫の利き手は性別で決まる? 101cats-iStock

どちらの前足を多く使うか

これまで、愛猫の「利き手」について考えたことはあるだろうか? 人間の場合は90%が右利きとされているが、猫の利き手を研究した大学の研究者によると、利き手の違いを作る最大の要因は、性別のようだ。アイルランドにあるクイーンズ大学のデボラ・ウェルズ博士のチームが研究し、学術誌「アニマル・ビヘイバー」に掲載した。

ウェルズ博士のチームは、44匹のネコ(オス24匹、メス20匹)を使って、利き手について研究した。博士によると、これまでもタスクを与えて調べたデータは存在したが、猫が自然な状態で行動する様子を調べたデータはなかった。そこで、自然な状況でのデータ収集と、タスクを与えてのテストを行うことにした。

データ収集もタスクを与えてのテストも共に、猫の自宅で行われた。自然な行動のデータ収集は、猫が自宅にいて取る行動を、飼い主が3カ月にわたって観察して記録する、という方法が取られた。寝る時、階段を降りる時、物をまたぐ時の3つの状況において、左右のどちらの手(前足)を優先的に使うか(寝る時はどちらを下に向けるか)を調べるのだ。

また、タスクを与えるテストでは、3段構造になっている猫用の餌タワーを使った。タワーには3つの穴が開いており、餌を取ろうとしてこの穴の中に手を入れる時に左右どちらを使うかを記録した。猫が飽きないよう1日15回を上限に、手を出して反応した数が計50回になるまでデータの収集が続けられた。

オスメスで違う利き手と使う脳

結果は、猫の大部分にとって「よく使う利き手」があることが分かったが、右利きと左利きの多さは同じくらいだった。また、自然な行動で集まったデータとタスクを与えてのテストで得たデータは、正の相関関係だった。ただし、寝る時にどちらを下にするかは、特に好みや「利き側」は見られなかったという。

そして、左右どちらを好むかは、猫の性別によって大きな違いがあることが分かった。オス猫は左手、メス猫は右手を使う傾向が強かったのだ。発表された記事によると、性別によって左右の利き手に違いが出るのは、これまでも犬や馬の研究で指摘されていたという。ただし、今回実験に参加した猫は44匹ともすべて不妊手術を受けているため、「ある意味、驚きだ」と研究チームは述べている。

動物のさまざまな種において、オスとメスで脳に違いがあることがこれまでも指摘されてきた。そのため、今回の実験で分かった猫の利き手が性別によって違うことについても、脳の違いが考えられるという。また、ホルモンの影響もある可能性があるというが、いずれにせよ現段階では詳しいことははっきり分かっておらず、「さらなる研究が必要だ」としている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

現金給付30万円で首相と一致、一定の所得減あった世

ワールド

経済対策と緊急事態宣言セットだと大きなパワーに=小

ビジネス

需給ギャップ、10ー12月は0.73% プラスは1

ビジネス

米エアビー、自社評価額を260億ドルに引き下げ=関

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月