最新記事

貿易

トランプの「不当な」セーフガード発動に泣かされる韓国LG電子

2018年1月26日(金)16時30分
コラソン・ビクトリノ

2018年1月、ラスベガスの家電見本市で登壇したLGの朴日平CTO Steve Marcus- REUTERS

<米政権は、韓国企業と競争できない米家電大手ワールプールの訴えに動かされた>

韓国LGエレクトロニクスがアメリカの洗濯機工場の建設前倒しを決めた。当初は2019年前半に稼働開始予定だったが、計画を早めて2018年後半の稼働を目指す。

韓国の聯合ニュースによれば、LGが米テネシー州で進めている新工場の計画を前倒ししたのは、米政府が韓国メーカーを念頭に、洗濯機を対象にした緊急輸入制限(セーフガード)を発動し、韓国から輸出洗濯機に高い関税がかかることになったことに対応したもの。

同工場は敷地面積125万平方メートル、総工費2億5000万ドルの大型投資で、ドラム式と縦型洗濯機で年間100万台の生産能力を持つとみられる。新たに600人の雇用を創出すると、USニューズ&ワールドリポート誌は報じた。

米国際貿易委員会(ITC)が韓国製洗濯機の輸入急増で国内メーカーが被害を被っていると認定したのを受けて1月22日、ドナルド・トランプ米大統領が洗濯機に対するセーフガードを発動した。太陽光パネルは中国勢、洗濯機は韓国勢を狙い撃ちにしたものとみられている。韓国の家電大手サムスン電子のライバルでもあるLGは当初、トランプ政権の決定に失望感を表していた。

米政府への不満も表明

「誤った判断に基づく決定に深く失望している。セーフガードはITCの勧告を大きく逸脱している」と、LGは声明を発表した。米家電大手ワールプールへの不満もにじませた。「市場で勝ち目のない一部の企業が、通商法を利用して一発逆転を狙う典型例だ」

そもそもITCに輸入制限を勧告させたのは、ワールプールだ。同社は2017年、LGとサムスン製の洗濯機の不当廉売を訴え、輸入急増がアメリカの家電市場に深刻な被害を与えているとITCに請願書を提出した。輸入洗濯機には50%の関税をかけるべきだ、と具体的な数字も挙げた。

セーフガードの発動により、1年目は120万台までの輸入洗濯機に20%、それを超える分に50%の関税がかかる。3年目の税率は、それぞれ15%と40%になる。

米政府の決定を受けて、韓国産業通商資源部の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)通商交渉本部長(次官級)は、WTO(世界貿易機関)への提訴を誓った。「WTOの紛争処理で上級委員会の委員を務めた経験から、提訴すれば韓国が勝てるとみている」と、金は官民合同の対策会議で言った。

(翻訳:河原里香)

International Business Times

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 3

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月