最新記事

ミサイル騒動

ミサイル誤警報に便乗したハワイの明るい土産物商法

People are Already Selling Hawaii Missile T-Shirts

2018年1月16日(火)17時00分
グラハム・ランクツリー

「ミサイル攻撃を生き延びた」Tシャツ。期間限定商品かも? teespring.com

<さすが観光地、早くもミサイル誤警報Tシャツが花盛り>

ハワイに弾道ミサイルが迫っているという警報が誤って出されてから一夜明けた1月14日、州都ホノルルのある店で、初の「ミサイル発射」を記念したTシャツが売り出された。

13日午前に発令されたミサイル警報は結局、ハワイ州緊急事態管理局の職員が誤って発令したものだと公式に発表された。すぐさまTシャツが作られ、ウォール・ストリート・ジャーナル日本版の編集者アラステア・ゲイルはホノルルからその画像をツイートした。

「私はハワイで弾道ミサイルを生き延びた」


州関係者がFOXニュースに語ったところによれば、誤報の原因となった職員は再訓練を受けるという。ミサイル警報は、ハワイ州に住む100万人を超える人々の携帯電話に送信された。誤報だったことを伝える次の警報が出るまでに約40分かかり、その間にパニックが拡大した。

昨年は弾道ミサイルや核兵器の実験をめぐり、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の最高指導者である金正恩委員長が鋭く対立。米軍基地があるハワイと米国領グアムでは緊張が高まっていた。

誤警報に便乗したTシャツには、「私はハワイで弾道ミサイルを生き延びた」などと書かれている。「史上最悪の弾道ミサイル攻撃」というのもある。アマゾンのサイトにも、関連したグラフィックやスローガン入りの衣料品が少なくとも27点掲載されている。価格は17.95~38.99ドル。


ご購入はお早めに。「うまくいったぜ!弾道ミサイルの脅威を生き延びた」Tシャツ



「誇り高き生存者。ハワイにミサイルが迫っている、直ちに避難せよ、これは訓練ではない。おおっと!」Tシャツ


ホノルル版クレイグズリストで販売されているTシャツには、次のような説明書きがある。「色は以下からお選びください:目がくらむほどの白、まぶしいオレンジ色の閃光、とてもホットなピンク、暗闇でも光る蛍光色」


「私はフェイク・ミサイルを生き延びた」Tシャツ。まぶしい閃光色。

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ビジネス

アングル:不正操作疑惑の恐怖指数、AIなど改善策導

ビジネス

焦点:米国、日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非

ワールド

焦点:米関税免除の代償に苦しむ韓国鉄鋼界、日本と明

ワールド

米司法副長官、トランプ大統領の解任発動提案 秘密録

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせない」

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 6

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 7

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 8

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 7

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 8

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 9

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月