最新記事

ミサイル騒動

ミサイル誤警報に便乗したハワイの明るい土産物商法

2018年1月16日(火)17時00分
グラハム・ランクツリー

「ミサイル攻撃を生き延びた」Tシャツ。期間限定商品かも? teespring.com

<さすが観光地、早くもミサイル誤警報Tシャツが花盛り>

ハワイに弾道ミサイルが迫っているという警報が誤って出されてから一夜明けた1月14日、州都ホノルルのある店で、初の「ミサイル発射」を記念したTシャツが売り出された。

13日午前に発令されたミサイル警報は結局、ハワイ州緊急事態管理局の職員が誤って発令したものだと公式に発表された。すぐさまTシャツが作られ、ウォール・ストリート・ジャーナル日本版の編集者アラステア・ゲイルはホノルルからその画像をツイートした。

「私はハワイで弾道ミサイルを生き延びた」


州関係者がFOXニュースに語ったところによれば、誤報の原因となった職員は再訓練を受けるという。ミサイル警報は、ハワイ州に住む100万人を超える人々の携帯電話に送信された。誤報だったことを伝える次の警報が出るまでに約40分かかり、その間にパニックが拡大した。

昨年は弾道ミサイルや核兵器の実験をめぐり、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の最高指導者である金正恩委員長が鋭く対立。米軍基地があるハワイと米国領グアムでは緊張が高まっていた。

誤警報に便乗したTシャツには、「私はハワイで弾道ミサイルを生き延びた」などと書かれている。「史上最悪の弾道ミサイル攻撃」というのもある。アマゾンのサイトにも、関連したグラフィックやスローガン入りの衣料品が少なくとも27点掲載されている。価格は17.95~38.99ドル。


ご購入はお早めに。「うまくいったぜ!弾道ミサイルの脅威を生き延びた」Tシャツ



「誇り高き生存者。ハワイにミサイルが迫っている、直ちに避難せよ、これは訓練ではない。おおっと!」Tシャツ


ホノルル版クレイグズリストで販売されているTシャツには、次のような説明書きがある。「色は以下からお選びください:目がくらむほどの白、まぶしいオレンジ色の閃光、とてもホットなピンク、暗闇でも光る蛍光色」


「私はフェイク・ミサイルを生き延びた」Tシャツ。まぶしい閃光色。

(翻訳:ガリレオ)

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月