最新記事

ミサイル騒動

ミサイル誤警報に便乗したハワイの明るい土産物商法

2018年1月16日(火)17時00分
グラハム・ランクツリー

「ミサイル攻撃を生き延びた」Tシャツ。期間限定商品かも? teespring.com

<さすが観光地、早くもミサイル誤警報Tシャツが花盛り>

ハワイに弾道ミサイルが迫っているという警報が誤って出されてから一夜明けた1月14日、州都ホノルルのある店で、初の「ミサイル発射」を記念したTシャツが売り出された。

13日午前に発令されたミサイル警報は結局、ハワイ州緊急事態管理局の職員が誤って発令したものだと公式に発表された。すぐさまTシャツが作られ、ウォール・ストリート・ジャーナル日本版の編集者アラステア・ゲイルはホノルルからその画像をツイートした。

「私はハワイで弾道ミサイルを生き延びた」


州関係者がFOXニュースに語ったところによれば、誤報の原因となった職員は再訓練を受けるという。ミサイル警報は、ハワイ州に住む100万人を超える人々の携帯電話に送信された。誤報だったことを伝える次の警報が出るまでに約40分かかり、その間にパニックが拡大した。

昨年は弾道ミサイルや核兵器の実験をめぐり、ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の最高指導者である金正恩委員長が鋭く対立。米軍基地があるハワイと米国領グアムでは緊張が高まっていた。

誤警報に便乗したTシャツには、「私はハワイで弾道ミサイルを生き延びた」などと書かれている。「史上最悪の弾道ミサイル攻撃」というのもある。アマゾンのサイトにも、関連したグラフィックやスローガン入りの衣料品が少なくとも27点掲載されている。価格は17.95~38.99ドル。


ご購入はお早めに。「うまくいったぜ!弾道ミサイルの脅威を生き延びた」Tシャツ



「誇り高き生存者。ハワイにミサイルが迫っている、直ちに避難せよ、これは訓練ではない。おおっと!」Tシャツ


ホノルル版クレイグズリストで販売されているTシャツには、次のような説明書きがある。「色は以下からお選びください:目がくらむほどの白、まぶしいオレンジ色の閃光、とてもホットなピンク、暗闇でも光る蛍光色」


「私はフェイク・ミサイルを生き延びた」Tシャツ。まぶしい閃光色。

(翻訳:ガリレオ)

ニュース速報

ビジネス

独VWのウィッターCFO、来年夏に退任へ=経済誌

ビジネス

中国新規融資、1月は3.34兆元 過去最高更新

ワールド

現時点でイベントなどの一律の自粛要請はしない=加藤

ビジネス

能天気に景気回復としているわけでない=西村経済再生

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 4

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 5

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

  • 9

    新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 6

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

  • 9

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 10

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 9

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月