最新記事

人口

現在、東京が1位。2050年はどの都市が?

2018年1月22日(月)15時40分
松丸さとみ

2050年に世界の都市の人口ランキング1位になることが予想されるインド、ムンバイ KishoreJ-iStock

世界都市の人口規模、2050年はこうなる

そこに住んでいるとあまり実感はないものだが、東京は現在、世界で最も人口が多い都市となっている。しかし2050年になると世界の人口分布は大きく様変わりし、東京は世界の都市の人口ランキングで7位に後退すると予測されている。

英紙インディペンデントは、2050年に予測される世界の都市の人口ランキングを掲載した。カナダのトロント大学内にある研究機関グローバル・シティーズ・インスティチュート(GCI)がはじき出したものだ。ランキングによると、2050年に最も人口が多くなる都市は、4240万人が暮らす都市になっているとみられるインドのムンバイだ。

日本国内の都市で唯一ランキング入りしている東京は、現在の1位から順位を大きく落として7位。人口は、2016年時点の3814万人(国連発表の「World Cities 2016」より)から、3260万人に減少していると予測されている。なお東京の人口については、東京都が発表している数値と大きく異なる(2017年12月時点で約1375万人)が、これはGCIや国連の場合、首都圏全体を入れているのが理由のようだ。

2050年のランキングは、以下のとおり。
1位ムンバイ(4240万人、インド)
2位デリー(3620万人、インド)
3位ダッカ(3520万人、バングラデシュ)
4位キンシャサ(3500万人、コンゴ民主共和国)
5位コルカタ(3300万人、インド)
6位ラゴス(3260万人、ナイジェリア)
7位東京(3260万人)
8位カラチ(3170万人、パキスタン)
9位ニューヨーク(2480万人、米国)
10位メキシコシティ(2430万人、メキシコ)

なお、2075年にはキンシャサが、2100年にはラゴスが1位になっていると予測されている。

GCIによると、都市部は経済発展や改革の中心であり、都市化することで資源消費が効率化され、教育やヘルスケアを受けられる率が高くなると説明。また、自然環境の悪化を防ぐ面でも、都市化は非常に有効な手段になりうる、と述べている。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 2

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 3

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 4

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 5

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 6

    お金持ちになりたいなら、もっとお金を使おう

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    中国の量子通信衛星チームが米科学賞受賞

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月