最新記事

ビットコイン

「ビットコインはバブルじゃない、成長はこれからだ」

2017年12月25日(月)14時59分
アンソニー・カスバートソン

Dado Ruvic-REUTERS

<一時4割値を下げたビットコインについて、一部専門家がバブル崩壊ではないと言い切る根拠は?>

仮想通貨ビットコインの価格が暴落した。12月17日に過去最高値となる2万ドルに迫ったが、その後は下落傾向が続き、週間で4割以上も下落した。だが専門家は、これはバブル崩壊とする見方を一蹴する。

米情報サイト、コインデスクの「ビットコイン・プライス・インデックス(BPI)」によれば、ビットコインは12月22日に一時1万1000ドルを割り込み、12月以降で最安値をつけた(23日には一時1万5000ドルを回復した)。

ここ数カ月でビットコインの価格が急騰したことから、今回のような暴落はいつ起きてもおかしくないと市場関係者の大半は予測していたが、「フラッシュクラッシュ(瞬時の急落)」ではビットコインの信用は揺らがないと、一部の大物専門家は言う。

「今回のような急落は過去にもあった。今振り返れば、それがバブルでなく、一時的な乱高下だったことが分かる」と、ビットコインの専門家で、以前は米インターネット通信大手スカイプの最高執行責任者(COO)を務めていたマイケル・ジャクソンは本誌に語った。

現在はビットコインの財布「ウォレット」のプロバイダー、ブロックチェーンの取締役顧問を務めるジャクソンは、ビットコインは潜在力を出し切るどころか、「成長はまだ始まったばかりだ」と言う。

「(今回の急落は)意味ある価格調整だったし、売り抜けた投機家は儲けただろう。だが、ビットコイン初期からの投資家の大半は急落しても保有を続けている」とジャクソンは言う。「投機マネーが入ってきても、国際決済機能は働き続けているし、投機があってもビットコインの価値保存機能は損なわれていない」

他の仮想通貨とは違う

ビットコインの価格が急落した要因はいくつかある。韓国の仮想通貨取引所が12月19日、サイバー攻撃被害で破産申請したことや、ライバル仮想通貨「イーサリアム」やビットコインから分裂した「ビットコインキャッシュ」の流通量が増えたことなどだ。

これらのライバル仮想通貨は投資家にも好評だし、ビットコインには一定以上供給量を増やせないという技術的制約もあるが、それでも他の仮想通貨がビットコインに深刻な脅威を及ぼすことはない、とジャクソンは言う。

「他の仮想通貨は、最後に数えた時は1300種類以上あったが、それぞれ異なる目的で開発されたため、特定の機能でビットコインを上回る通貨はあるかもしれない。だがビットコインほどのコミュニティーや投資額、知名度を持つ仮想通貨は1つも存在しない」とジャクソンは言う。

「どの仮想通貨もビットコインに大きく後れを取っている。ライバルたちほど完璧ではなくても、ビットコインは仮想通貨市場とユーザーから絶大な支持を得ている。たとえビットコインの価格が1万ドル、あるいは1000ドルを切ったとしても大したことはない。一部の投機家は手を引くかもしれないが、ビットコインの核となる価値は変わらないのだから」

(翻訳:河原里香)

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月