最新記事

ジェンダー

イスラム圏にリケジョが多い理由

2017年12月4日(月)12時05分
エリザベス・ワインガーデン

一般論として、人がどんな職業に就くかは文化的要因と生物学的要因(つまり「生まれ」と「育ち」)の複雑な相互作用によって決まる。

しかし例外的に、もっと単純な事情で決まってしまう場合もある。例えばチュニジアとヨルダンでは、全ての高校生は卒業時に全国的な学力試験を受ける。そして家庭の社会的地位や経済力に関係なく、試験の成績によって進路を振り分けられる。好き嫌いは関係なく、成績で全てが決まる。トップクラスなら医学部へ、次のクラスは理工学部、その次は法学部への入学を認められる。

「好きで工学を選んだのではなく、成績順で工学部に来た女性が相当数いるのは事実」だと、チュニス工学院のラジャ・ゴージ教授も言う。

もちろん途中で人文系に専攻を変えることは可能だが、たいていの女性は工学の道にとどまる。親の期待もあるし、そのほうが就職に有利だからだ(チュニジアの失業率は約14%)。

しかしゴージは、このシステムの負の側面も目の当たりにしている。学科によっては燃え尽きてしまったり、やる気をなくす学生もいるからだ。「途中で進路を変えてもいいんだと思えれば、彼女たちはずっと幸せになれる。でもチュニジアの工学教育制度には、そんな柔軟性が欠けているのかも」

ただし結論を急いではいけない。デブアとアタークラノフの研究はまだ始まったばかりだ。取りあえず量的なデータはそろった。この先にはチュニジアで実施したような面接調査を積み重ねて仮説を質的に検証する必要がある。

思考を解き放つことで

それでも現時点で少なくとも1つ、アメリカが学ぶべき教訓がありそうだ。好き嫌いは重要だが、好き嫌いや適性は生まれつきのものだという思い込みは禁物。文化や政策の工夫次第では、早い時期から女子にも理工系への興味を育てることが可能だということだ。

アメリカ人は制度的な問題や露骨な差別行為に対処することで世の中から男女格差を一掃できると信じているようだが、それでも格差はどこかに残っている。例えば、ある女性が教師の道に進んだとしよう。彼女は自分の選択を性的な規範によって押し付けられたものとは思わず、興味と能力を勘案して自分で決めたと考えるだろう。「そうやって受け入れてしまう気持ちが性的分業を支えている」とチャールズは言う。

どうやら現実は厳しいらしい。でも見方を変えれば、こういうことではないか。つまり、私たちはずっと、自分の進むべき道は決まって(決められて)いると考えることに慣れてきた。そういう説はちまたにあふれていて、進路相談でもそんな説教を聞かされてきた。でも、それだと困ることもある。試験に落ちたりすると(誰にでもあることだ)、「決められた道を歩んできたのに、なぜなの?」と途方に暮れてしまう。

適性や進路は決まっていて変えられない――そんな思い込みは捨てよう。そうすればもっと気軽に進路を選べる(そして選び直せる)はずだ。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

ウイークデーの朝にお届けします。

ご登録(無料)はこちらから=>>

© 2017, Slate

[2017年12月 5日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

東芝の取締役会、UBSを財務アドバイザーに任命へ=

ワールド

OPEC、21年の原油需要見通し据え置き 下期の回

ビジネス

米ボーイング、4月の737MAX引き渡しが4機に減

ワールド

加2州でアストラワクチン接種停止、オンタリオ州は血

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレーも開会式も要らない

  • 4

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 5

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇…

  • 6

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 7

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 8

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    ビル・ゲイツ離婚で長者番付はどうなる? 1295億ド…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月